ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 本格的な中華料理を厚沢部町で提供。地域の食材を活かし、地域と連携
【中国料理 彩風塔(株式会社 シード)/厚沢部町】

本格的な中華料理を厚沢部町で提供。地域の食材を活かし、地域と連携
【中国料理 彩風塔(株式会社 シード)/厚沢部町】

掲載年月:2016年2月

中国料理 彩風塔(株式会社 シード)

企業・団体のビジョンやミッション

厚沢部町で味わえる本格中華

自然環境豊かな厚沢部町のうずら温泉にある「中国料理彩風塔」は、本格的な中華料理を提供することで評価が高く、地元厚沢部町はもとより、自動車で1時間以上かかる函館市からはるばる訪れる客も多い人気店です。厚沢部町は新鮮でおいしい食材が手に入る環境にあります。

生産者との連携による商品づくり

厚沢部町の生産者と連携して、厚沢部町で栽培される「ぜいたくトマト」を使用した「贅沢トマトのジュース」を開発しました。
「ぜいたくトマト」は、糖度の高さと滑らかな果肉が特長で、一般的なトマトの約1.5倍もの高値で取引されています。「ぜいたくトマト」の風味を活かすために塩などの調味料は使っていないため、濃厚な甘みをそのまま味わうことができます。是非、ご賞味ください。

地域住民の憩いの場を提供

平成21年より町営鶉温泉の指定管理を受け、日帰り温泉施設は地域の憩いの場としても親しまれています。地域住民から気軽に本格中華が楽しめるということで人気があります。

代表者からのメッセージ

地域が潤っていかないと、自分の会社も潤うことができない。地域が良くなるような経営をしていきたい。
厚沢部町という生産に直結した地で、こだわりを持った生産者を発掘して、料理をし、お客様に楽しんでいただけるよう運営している。

企業・団体の魅力

中華の料理人として経験を積むことができる。18歳で2,3年働くと本格的な中華料理を作るベースを身につけることができる。
町営温泉施設の委託管理業務を受けたベースに、地域の特産品づくりなどにも取り組んでいる。

宮川社長は、京都ホテルをかわきりに“横浜中華街大珍楼”、“京王プラザホテル”京王プラザホテル札幌“南園”料理長という超一流の経験をもつ。広東料理の巨匠にして、東京赤坂璃宮オーナーシェフ譚彦彬(たん ひこあき)氏を師匠とし、焼物を中心に魚介料理に定評がある。本場広東の味の探求に度々香港へと出かけ、新作を次々と取り入れることに余念がない。

スタッフからもひと言

とまとジュース、とまとソース、米粉のから揚げの粉など新商品の開発にも余念がない社長。料理人、ホテルスタッフが連携することで、よりよいサービスを目指して日々取り組んでいる。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP