ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 人とのつながりを大切に北海道~東北をつないで守る技術と人情
【有限会社 厚岸無線/厚岸町】

人とのつながりを大切に北海道~東北をつないで守る技術と人情
【有限会社 厚岸無線/厚岸町】

掲載年月:2016年3月

有限会社 厚岸無線

  • 住所:厚岸郡厚岸町若竹4丁目106番地
  • 代表者名:代表取締役 小島 広美
  • 電話:0153-52-0707

企業・団体のビジョンやミッション

船の電気や無線設備関係の仕事で大切にしているのは、一番に船の安全、その次に大漁してもらうこと。産業が発展するために船に係わる仕事として、一役を担えたらと思っています
厚岸だけではなく、道内や東北ともつながりがあり、声がかかればすぐに向かいます。

代表者からのメッセージ

自分は漁師の育ちで、船に係わる仕事がしたいと思っていました。若い頃、気仙沼に住んでおり、その時にお世話になった方々と今も交流があります。今でも月に1回は東北に行き、サンマ船の船頭の家に挨拶をしてまわっています。こうした人とのつながりが財産です。この業界に入って40年ぐらいになりますが、自分が育てられて一人前になり、今は逆に後継者や孫の世代と3世代にわたってかかわりがあります。時代の流れで人と人の温もりが減ってきたとも感じますが、人とのつながりや声をかけてくださる方を大切にして仕事をしています。

企業・団体の魅力

この仕事をしていて嬉しいのは、やはり漁師さんが大漁して帰ってきた時です。『役に立てれば』という思いで大型・小型船団の事務局もしています。東北から厚岸にサンマ船が入ってきた時に話すだけではなく、自分達も東北に行き、船頭と家族ぐるみの付き合いをすることで、長い漁を安全に、安心して来てもらえるようにと思っています。

大切にしていること

自分の仕事エリアはここだけ。と決めるのではなく、北海道~東北と日本の半分を歩かせてもらっています。これまで様々な地域で働き、生活をしてきました。浜の生活でもそれぞれの地域で違うということを体験して、たくさんの人とのつながりができました。震災時には知り合いの船頭さんが被災して、物資を送ったり手伝えることはやりました。今も月に1回は東北へ行きますが、みなさんあたたかく迎えてくれるのが嬉しいです。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP