ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 山漬け(熟成塩蔵)・脱塩(塩抜きをして味を調える)・風干(寒風干し)の伝統製法
【別海漁業協同組合/別海町】

山漬け(熟成塩蔵)・脱塩(塩抜きをして味を調える)・風干(寒風干し)の伝統製法
【別海漁業協同組合/別海町】

掲載年月:2016年3月

別海漁業協同組合

企業・団体のビジョンやミッション

神の湖(摩周湖)。西別川は世界有数の透明度を誇る摩周湖の伏流水を水源とし、緑豊かな北海道は道東の大地を潤しながら、遥かに国後島を望む根室海峡まで悠然と流れています。
西別鮭の味の秘密は清冽な西別川の水質と川底に無数に存在する「味の笛」と呼ばれるパイプ状の河石による相互作用が他に類のない味を生み出したといわれています。
別海漁業協同組合では母なる西別川と美味なる鮭の系統を守り、次の世代に引き継ぐために組合員が川の清掃、水質検査植林活動等を行いながら前浜の恩恵を受けています。

代表者からのメッセージ

別海町西別川を故郷とする鮭を西別鮭と称し、天明5年(1785)にはその名声はすでに江戸にまで広まっていました。さらに徳川幕府第11代将軍徳川家斉より献上鮭としての栄誉を授かったことによりその名声は一層高まったのです。以後幕末まで十分に吟味した鮭を丹念に塩引きしたものが将軍家と大奥へ毎年献上され続けました。将軍家に献上したように伝統的な製法で作り上げた献上造り独特の製法の山漬造り、新鮮な甘塩造りなどいずれも漁師自ら心を込めて丹念に作り上げました。      

企業・団体の魅力

・別海漁港で水揚げされた鮭を活用
・伝統的な製法による商品の製造

地域で行っている活動

別海漁業協同組合では母なる西別川と日本一美味な鮭の系統を守り、次の世代に引き継ぐために組合員が川の清掃、水質検査、植林活動等を行っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP