ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 求む!地域に根差した食の後継者
【サフランドール/浦河町】

求む!地域に根差した食の後継者
【サフランドール/浦河町】

掲載年月:2016年3月

サフランドール

  • 住所:浦河郡浦河町大通3-10
  • 代表者名:塚田 恵一
  • 電話:0146-22-2263

企業・団体のビジョンやミッション

日常の洋食

誰しも「ふるさとの味」というものはあるのではないでしょうか?
例えば、家族でよく食べに言ったお店、ランチを仕事の合間にランチを食べに行くお店…他所の人や観光客が一見するとその味が何故、ふるさとの味かわからない、名産品でも特産品でもなく、その人の思い出に結びついた味。
「サフランドール」は浦河で生まれ育った多くの人がそんな味としてあげるお店です。
オーナーの塚田さんは「とにかく美味いって言われるものをつくりたい!」といいます。食に「ハレ」と「ケ」があるとしたなら塚田さんがつくりあげてきたのは「ケ」の料理。
日々のランチやディナー、家族の少し特別な日など、あくまで日常の中で味わうことができる料理が信条です。

地域に愛されるお店を次世代に残したい

そんなサフランドールですが、結婚式などのハレの日を演出することもあります。
その際には地域のお店が協同する会社でケータリングメニューを提供します。お刺身を魚屋さんが、オードブルを中華料理屋、サフランドールがというように。地域が一体となったサービスを提供しています。しかし、現在そのメンバー店もどこも高齢化が進み、後継者がいないお店が大半です。
「うちもそうだけど、地域の色んなお店に次世代がいないことに危機感を感じる」と塚田さんはいいます。
地域の日常に根差し、かつて浦河に住んだ人、訪れた人など外にも多くのファンがいるサフランドール。
その味を次世代に繋げて行くことが多くのファンから求められています。

代表者からのメッセージ

小さな町で飲食店を始めること、そして続けることには多くの苦労があります。ただ、小さな町だからこそできることも。小さな町で美味いものをつくり、提供する。そんな仕事を本気で生業にしたい人は、是非働き・学びに来てください。本気で地域に根差し、商いをしたい人に味を継いでもらいたいと考えています。

企業・団体の魅力

・根強いファンの多い町の洋食屋さん。転勤族の多い浦河町。
 かつての常連さんもたびたび訪れます。
・本気で継ぎたい人にはレシピ・商いについて教えることを厭いません!

地域における取り組み(スタッフからの声)

ブライダルなどへのケータリングを行う地域の飲食店のチームの一員です。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP