ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 江差町『いにしえ街道』の蔵のパン屋さん
【ぱんや ベッキー/江差町】

江差町『いにしえ街道』の蔵のパン屋さん
【ぱんや ベッキー/江差町】

企業・団体のビジョンやミッション

故郷への想いと地元の味を提供する

オーナーは江差出身。愛する地元での開業を夢見て札幌のベーカリーで修業を積んできた本格派です。沢山の方々にご協力をいただき『いにしえ街道』の歴史ある建物で2010年12月にオープンしました。
いにしえ街道の歴まちにマッチした建物と美味しいパンが、地元住民のみならず近隣の町村からのファンにも人気です。

パン職人としてのこだわり

料理もパンも作り手によって味が決まります。熟練のパン職人であるオーナーが仕込みから焼成まですべて一人で作るからこそ、毎日美味しいパンが焼き上がります。そのため早い時間に売り切れることも多いのですが、これが美味しさを追求するためのこだわりです。

代表者からのメッセージ

できるだけ地元食材に目を向けて、体に優しい安心・安全なパンをモットーに手作りしています。
卵は八雲の平飼い有精卵を使用しています。安全で無添加、養鶏に必要な物だけを与えた平飼い卵です。黄身も白身も弾力があり、生はもちろん焼くと香ばしさがあってとても美味しい卵です。使う小麦は約10種類にのぼり、理想のパンの状態になるよう独自ブレンドしています。
地元で収穫される最高級の北海道産小麦「春よ恋」も使用しています。また、全粒粉はせたな産で注文のつど石臼でじっくり挽き直送していただくので、鮮度は抜群!小麦本来の味や風味が最大限に引き出されています。

企業・団体の魅力

現在は日替わり商品もあわせて約50種類のパンが並び、道産小麦全粒粉を使ったパンや檜山地方の素材だけを使ったラスクなど、地元食材を取り入れた商品開発も進めています。
イベントでは地元のお肉屋さんのコロッケとコラボレーションした商品なども提供し、農産期には近隣の生産者の無農薬野菜を使ったサンドイッチなども並びます。
また、美味しいパンがある暮らしに欠かせない食材として、ジャムやオリーブオイルはじめ、豊かな食生活のための食材も販売しています。コーヒー豆は札幌の珈琲専門店「神楽珈琲店」のもの。早ければ焙煎の翌日には店頭に並び、一か月以内の新鮮なコーヒー豆を販売しています。

地域の街並みとギャラリー・コミュニティースペース

ぱんやベッキーは姥神神社にほど近い旧商屋を借り受けて、外装を補修、内装を改装しました。建物には蔵があり、ギャラリーに改装されて、写真の展示や時期には雛飾りも並びます。この空間は街歩きを楽しむ観光客のコミュニティスペースにもなっています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP