ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 1992年開局。日本初のコミュニティFM放送局です
【FMいるか/函館市】

1992年開局。日本初のコミュニティFM放送局です
【FMいるか/函館市】

掲載年月:2016年3月

FMいるか

企業・団体のビジョンやミッション

FMいるかは、函館圏を放送エリアとするFMラジオ局です。1992年12月24日、日本初のコミュニティFMとして放送を開始しました。生活情報を中心とした地域の様々な情報を発信しています。災害発生時には、避難情報やライフラインの状況など、被災者向けのきめ細かい情報を提供します。
2012年からはインターネット放送を配信しています。インターネット環境のある場所でしたら、どこにいてもFMいるかの放送をお楽しみいただけるようになっています。これから函館を訪れようという観光客の方や、遠方で暮らす函館ゆかりの方を中心に好評をいただいております。
放送局名の「いるか」は、津軽海峡にも生息している海の人気者「イルカ」から来ています。FMいるかも大海原に生息するイルカのように、市民の皆様に愛され、親しまれる放送局を目指し、常に街とのコミュニケーションを大切にしていきたいと考えています。

代表者からのメッセージ

北海道新幹線開業をにらみ、30年ぶりにロープウェイ施設を全面リニューアルしました。これに合わせ、別棟にあったFMいるかを山麓駅内に移転し、オープンスタジオを設置しました。ここから毎日生放送を行なっています。ロビーにもマイクがあり、パーソナリティーと会話をすることもできますので、ぜひ見学にお越しください。

企業・団体の魅力

・地元の情報を、リアルタイムで発信しています。これから函館を旅行しようという方にも役に立つ情報がいっぱいです。
・災害時の情報発信には威力を発揮します。コミュニティFMは重要なライフラインです。

スタッフからもひと言

オープンスタジオの開設以来、たくさんの方が生放送の見学に足を運んでくださっています。特に、ロープウェイの混雑時間帯にはたくさんの方がスタジオの周りを取り囲み、我々スタッフも圧倒されています。皆さんの笑顔を見ながらの生放送は、とてもやりがいを感じます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP