ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地域に支えられ3年目。これからは感謝の気持ちと三笠を愛する強い思いで地域に貢献
【ミカサノ食堂・本店(株式会社みかさ)/三笠市】

地域に支えられ3年目。これからは感謝の気持ちと三笠を愛する強い思いで地域に貢献
【ミカサノ食堂・本店(株式会社みかさ)/三笠市】

掲載年月:2016年12月

ミカサノ食堂・本店 (株式会社みかさ)

企業・団体のビジョンやミッション

三笠ならではのメニューと全てのお客様に満足してもらいたいという気持ちで

「ミカサノ食堂」は、「食」というキーワードで三笠に新たな息吹を吹き込みたいという思いでスタートしました。メニューは、鶏出汁・おでんつゆ・たっぷり野菜の甘みが詰まった「ミカサノカレー」や、自慢の鶏出汁おでんつゆで仕上げた「ミカサノ鶏出汁鶏醤ラーメン」など、三笠にまつわるメニューをご用意しております。
現在は、店長とスタッフ1名でお店を運営していますが、「来ていただいた方には100%満足してもらいたい」という気持ちでお客様に接するよう心掛けています。

地域に支えられて今の「ミカサノ食堂」はある。感謝の気持ちで地元に貢献したい

オープンして今年で3年目ですが、営業を開始して最初の冬に観光客の激減で売り上げが低迷しました。どうしても黙って見ていられず、他のスタッフと2人で市内にチラシを配布したり、元々ある老舗の飲食店などに「ミカサノ食堂」を知ってもらえるよう挨拶して回りました。その地道な行動が徐々に地域の皆様に伝わり、今では冬でも多くの方に宴会や食事会でご利用いただけるまでになりました。
また、三笠市からは地域にまつわるメニューを開発してほしいという要望をいただいたり、様々なシーンで市役所の方に携わっていただくことが多く、感謝の気持ちでいっぱいです。
オープン当初から地域の皆様に支えられ、人のつながりで現在のお店の姿があることを忘れず、三笠と言えば「ミカサノ食堂」と言っていただけるようにこれからも頑張っていきたいと思います。

代表者からのメッセージ

開店当時から働き始めて1年後に店長を任され、以来高校時代の友人であるスタッフとともに大好きな三笠で大好きなお店を運営しています。人が喜ぶ顔を見ると頑張れる性格なので、お客様に喜んでもらうことができるこの環境に幸せを感じています。
三笠は地域全体が“温かい”場所です。都会とは違い、人と人とが想いあう関係が成り立つ、つまり“支え合い”を実現できる町だと思います。(店長 新井 絵里香さん)

企業・団体の魅力

本当に多くの方に支えられ、今ではテレビや雑誌にも取り上げていただけるようになりました。春から秋にかけては観光客が多く訪れ、1年を通じて地元の皆様にご利用いただいております。
来ていただいたどんなお客様にも、時間を忘れてゆっくりくつろげる空間を提供できればと思います。

スタッフからもひと言

いつもどんな時も2人で考え創り出し、「お客様がどうしたら喜ばれるか」「店長の力になれるなら」という思いも込めて出来る限り働かせていただいております。当店のこだわりであるメニュー表・壁メニュー・POPを私が担当させていただき、手づくりで作成しております。(スタッフ・山谷桃子さん)

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP