ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 幼いころからの憧れの地で20年。人のつながりを活かして様々なビジネスチャンスを広げる
【合同会社 マスケン/長沼町】

幼いころからの憧れの地で20年。人のつながりを活かして様々なビジネスチャンスを広げる
【合同会社 マスケン/長沼町】

掲載年月:2016年12月

合同会社 マスケン

企業・団体のビジョンやミッション

大学進学を機に憧れの北海道へ。これまで築いたつながりを武器に会社を創業

幼い頃にテレビのCMで見た北海道の風景。それ以来北海道への憧れは強まり、出身地の三重県を離れ北海道の大学に進学しました。卒業後も当然のごとく北海道に残り、農協職員として15年間、北海道の代表的な第1次産業である農業に関わってきました。
しかし、質の差や生産者の思い入れに関係なく同様に市場に出回る農作物を見て、本当に良いものを作ろうとしている生産者の努力が報われていないことに深い疑問を抱くようになりました。また、周りの友人や知人が独立しているのを目の当たりにし、30歳を過ぎた頃から「40歳になる前に独立する」という目標を掲げました。役場の職員や地域の仲間のバックアップもあり、1年半前に、農産物や加工品の販売と通販サイトの運営、不動産業などを行う「合同会社マスケン」を設立することができました。

手の届かないことをビジネスに

現在の主な事業は、長沼産農産物や加工品の販売・長沼町の公式オンラインストア「長沼うまうまマルシェ」の運営・不動産業などを行っていますが、それ以外にも日々の生活の中で様々なビジネスチャンスがこの地域にあることに気付きます。それに伴ってやりたいことがどんどん増えています。役場をはじめそれぞれの分野がやりたくても手の届かないことを仕事にして、地域にとって必要とされる会社に育っていければと考えています。

代表者からのメッセージ

移住後の生活の不安がそれぞれあると思いますが、実はそこまで気にしなくてもよいと私は思います。本人の姿勢もありますが、外から来た人を温かく迎え入れてくれる地域がたくさんあります。
また、田舎は意外と細かいところに手が届いていないことが多く、ひとつの仕事に様々なビジネスチャンスが付いてくることもたくさんあります。

企業・団体の魅力

地域の様々なニーズを集約した事業を各種行っています。「人のつながり」を活かしてこれからもビジネスチャンスを広げていきます。また、現在取り扱っている商品やこれから開発する商品を海外に輸出するために準備を進めています。
また、事業展開に応じて、将来的に雇用を生み出していきたいと考えています。

地域とのつながり

地元商工会の青年部、消防団や長沼神社神輿会、長沼町まちづくり研究会などの地域活動にも積極的に関わっています。
また、地元野球チームに所属するほか、札幌の仲間とバンド活動も行っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP