ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 認知症になっても安心して暮らせるまちづくりに取り組む会社
【有限会社 グッドライフ/伊達市】

認知症になっても安心して暮らせるまちづくりに取り組む会社
【有限会社 グッドライフ/伊達市】

掲載年月:2017年2月

有限会社 グッドライフ

企業・団体のビジョンやミッション

『人』として『当たり前』に暮らす事を支える

『認知症』という言葉が一般的となり、病状に対する理解も得られるようになってきました。
しかし、地域の中で今まで通り暮らす事が当たり前とは言えません。
どんな病気になっても、どんな状態にあってもその人が思う自由で豊かな暮らしを営む権利を持っているはずです。それをご自宅やご自宅での暮らしが困難になっても継続していく為のサポートをしていくことが本来の介護職の専門性であり、実現するためにチームとして取り組んでいる会社です。

介護の仕事=生活のプロットである

介護の仕事はお世話ではありません。どんな服を着て誰と会い、何を食べいつ寝る、将来はどうしたい。生き方を決めるのは御一人おひとりです。
寝たきりの状態であっても、認知症の状態にあっても本人の思うし「たい」、やり「たい」を共に考え応援したり、出来る方法を見つける事が本当の介護の仕事である、というコンセプトのもと日々生活を共にしています。

代表者からのメッセージ

有限会社グッドライフでは、資格や年齢性別にとらわれず、以下のような人財を求めています。
(有限会社グドライフが求める人の10か条)
・楽しい人・優しい人・慮れる人・喜べる人・豊かな人・柔らかい人・聴ける人・尋ねる人・和める人・泣ける人

企業・団体の魅力

西胆振管内で地域密着型事業を中心に4事業所を営み、地域の福祉拠点の基盤としての信頼を得ています。
法人代表が認知症介護指導者資格を有し、全国での講演を実施し、ネットワークを確立し、先進的な福祉の情報をスタッフが得る事で日常的な支援に活かす事ができる企業です。

スタッフからもひと言

無資格から入職し、経験を積み国家資格である『介護福祉士』を取得するスタッフが多く、未経験でも心配なく支援が出来るようにサポートいたします。
また、スタッフの能力を引き出し、活かす事のできる職場であり、画一的な介護をする事はありません。生活するお一人おひとりの望む生活スタイルをスタッフの能力に応じ様々な支援を届けるという仕事です。
地域の同業者とのネットワークも構築され、共に悩んだり、一緒に考えたりできるネットワークや交流も盛んにおこなわれている為、孤立する事なく、情報や悩みを共有する事ができます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP