ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「山の動物たちの命を伝える鹿肉屋さん」
【むかわのジビエ/むかわ町】

「山の動物たちの命を伝える鹿肉屋さん」
【むかわのジビエ/むかわ町】

掲載年月:2017年3月

むかわのジビエ

企業・団体のビジョンやミッション

害獣と呼ばれ、ただ殺され、捨てられるだけの動物たちの命。さらに鹿肉は固い、臭い、まずいの三拍子で益々嫌われてしまうエゾシカ肉。でも本当は「ジビエの王様」と言われる最高級のお肉です。
このことを踏まえ、むかわのジビエでは鹿肉に悪いイメージを持っている方も初めて食べる方にも「鹿は悪くない」「命を食べるということとは」等、バックグラウンドも知ってもらい、食べる側にも命の食べ方の講習会を実施中。フレンチレストランをはじめプロのシェフの方々に美味しさと感動を料理を通して伝えてもらうことにより鹿肉の素晴らしさを正しく伝えて北海道のエゾシカ問題を少しずつ解決に結びつけていきたいと考えています。

代表者からのメッセージ

むかわ町に移住して5年が過ぎました。むかわ町での有害駆除活動をしていくうちに「捨てられる鹿達を食べてあげることができたら」という思いがあり、鹿肉処理場を設立しました。鹿肉が美味しくない、固いというイメージを覆して少しでも悪者のレッテルを貼られてしまった汚名を返上してあげたい。鹿は悪くないんだよという思いも込めて、買っていただくお客様に鹿のこと・むかわのこと・ハンターの気持ちなども一緒に伝えています。

「命を扱う・提供する鹿肉屋さん」をモットーにしています。人間だけでは食べきれないこの鹿肉はペットフードとして大事なしっぽのある家族にも大人気。奪った命を食べきってあげたい、無駄にしたくない思いで犬猫さんたちにも手伝ってもらっています。

企業・団体の魅力

撃った人の顔が見えるお肉屋さん。自分たちで鹿を撃っているからこそ伝えたいこと、伝えられることがあります。
ペットフードに関しては犬や猫の大きさや年齢・健康状態・給餌量など飼い主さんから聞いて食べやすい大きさや形状にしています。こんなのがあったらいいなという飼い主さんの声が当店の商品になっています。

スタッフからもひと言 

広い北海道。いろいろな地域で鹿肉の味も変わります。所変われば品変わる。訪れた土地で鹿肉を見かけたら是非食べてみてください。きっとその地域の人の思いやその地域で育った鹿の味が伝わってきますよ。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP