ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 牧場から食卓へ~ひとつ・ひとつの商品から~
【株式会社 牧家】

牧場から食卓へ~ひとつ・ひとつの商品から~
【株式会社 牧家】

掲載年月:2017年3月

株式会社 牧家

企業・団体のビジョンやミッション

牧場から食卓へ

北海道伊達市の内浦湾を望む丘陵地帯に私たちの牧場はあります。およそ70haの牧草地では、アングラー種などの乳牛を、放牧を基本に飼育しています。牛が健康である事、それが良い乳製品作りの基本であり、『食品』という私たちの生活にとって当たり前なものだからこそ、 「原材料の生産過程も大切にしたい」と私たちは考えています。

牧場から食卓へ届く乳製品そのものを通して、 私たちの牧場の様々な風景を感じていただければ幸いです。

代表者からのメッセージ

海を見下ろす丘の牧草地を撫でる風が、お客様の食卓まで届きますように。

そんな思いを胸に、食を担う企業として、私たちはこれからも真摯にひたむきに励んでまいります。

企業・団体の魅力

酪農:良い生乳をつくるための、健康な土、草、牛づくりに努力を惜しみません。
製造:「楽しさ」を「かたち」にする技術集団です。
営業:販売する商品の企画段階から関わり、お客様に「楽しさ」を伝えます。
外食:お客様が笑顔になれる空間と時間を提供しています。
品質管理:お客様の安全、信頼、楽しさの礎となる、厳しい眼です。

スタッフからもひと言

地元北海道伊達市近郊のイベントに積極的に参加し、プリン、チーズなどの販売だけではなく、熏煙黄金豚(くんえんこがねとん)ソーセージの炭火焼きなども販売しています。
また日本各地の百貨店や小売店で行われる「北海道物産展」などへの参加をするとともに、2005年から自社サイトにて通販事業を開始し、より多くのお客様へ私たちの商品をお届けしています。さらに各種商談会、展示会への出展により、新たな販路拡大にも努めています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP