ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地元の卵を美味しく加工~食品の世界に新たな手法を提供します
【有限会社 スモークアップジャパン/安平町】

地元の卵を美味しく加工~食品の世界に新たな手法を提供します
【有限会社 スモークアップジャパン/安平町】

掲載年月:2017年4月

有限会社 スモークアップジャパン

企業・団体のビジョンやミッション

「かしわのたまご」とは?

安平町早来は開拓当時より畜産・酪農を主産業として発展し、今日に至っています。
その早来地区での新たな名産品を作るべく「かしわのたまご」が生まれました。
「かしわのたまご」の名前は早来の町木である「かしわの木」とニワトリの「かしわ」をかけたもの。
地域の素材を使い、町の活性化を図るとの想いが込められています。

「電界風味添加装置」とは?

この装置は従来の燻製方式とは異なり、食材を電界の中に置き、その中に煙を入れることにより煙を分子イオン化し食材に帯電・付着させる装置です。
したがって熱は加えず数十分でスモーク風味を定着させることができます。加工された食材は燻製食品とは違い、素材そのままの状態を保っていることから食材そのものの食感と味わいが残る商品が出来上がります。

代表者からのメッセージ

当社では平成15年度より安平町早来にて「電界風味添加装置」の開発販売とともに、その装置から生まれた商品として「かしわのたまご」を販売しております。「かしわのたまご」の大きな特徴は程よいスモークの香りと、クリ―ミーな舌触りで、他のゆでたまごとはまるで別なものに仕上がっております。一度ご賞味していただければ必ずまた食べたくなるはずです。
また当社独自装置の特徴を活かして新商品の開発や従来製品のグレードアップなど様々な利用が考えられますので新しい発想でご活用ください。

企業・団体の魅力

独自技術で作られた「電界風味添加装置」のもう一つの特徴は食材を選ばないこと。今まで不可能であった液体・粉体・ゲル状・生の食品など帯電できるものであればすべてスモーク風味が添加できます。
短時間でスモーク風味を添加でき、大量生産も可能、燻製チップや電気代も少量でランニングコストも削減。
食品の世界に新たな手法を提供します。

スタッフからもひと言

当社では主力商品である「かしわのたまご」の他にも「スモークマヨ」やホッキ貝・鮭の白子を使った商品開発を行っています。
今後も安平町早来と共に発展し続けるために、さらに独自の技術開発と商品開発を行っていきたいと考えております。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP