ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 創業92年の歴史が紡ぐ。地元を盛り上げる個人スーパー!
【有限会社木川商店/幕別町】

創業92年の歴史が紡ぐ。地元を盛り上げる個人スーパー!
【有限会社木川商店/幕別町】

掲載年月:2018年8月

有限会社 木川商店

企業・団体のビジョンやミッション

1926年からスタート。大手に負けじと歴史を守る個人スーパー

幕別町で、創業92年と長年守り抜いてきた個人スーパーです。多くのコンビニや大手スーパーの参入により、なかなか厳しい風当たりを感じることもありましたが「木川商店ができること」を考え、幕別の特産品を使った自社製品をつくろうと立ち上がりました。それが、コロッケとメンチカツ。全国のネット販売はもちろん、地元から全国まで幅広くお祭りやイベントへの出展もしており少しずつ知名度はあがってきました。北海道文化放送で放送された「北海道からはじ○TV」にも出演したことがあります。今やカタログギフトにも載る人気商品となり、日々全国各地への発送準備に追われています。コロッケやメンチカツを筆頭に、今私たちは先代たちがやってきたこととは違う新しい挑戦をしています。地に足をつけて、今後も幕別で頑張っていきたいと思います。

個人スーパーが生み出したコロッケとメンチカツ

もともと小売店なので食品製造のノウハウはありませんでした。だからこそ、本当に家庭でつくられるようなコロッケを販売してみたのが始まり。これに「美味しい」という声があがり、製造に踏み切ることに。もちろん味にもこだわりました。今ではコロッケの味の数も増えましたが、一番人気はゆり根とインカの目覚めのコロッケ。本当にこの2つの食材しか入っておらず、卵も使っていないため、アレルギーをお持ちのお子さんも増えてきていることもありお母様方からも人気です。この幕別で採れた野菜はもちろん、メンチカツに関しても町内で飼育されている『どろぶた』のお肉を使うなど、産地へのこだわりも美味しさの秘訣です。素材にこだわりを持ち、幕別町内に住む主婦の皆さんがひとつひとつ手作りしています。
地域の特産品開発をすることによって、幕別町を訪れるきっかけをつくる。決して大きくはない会社だけれど、小さいからこそ出来ることを続け、幕別のまちおこしに繋げるため従業員みんなで力を合わせ、美味しいと唸らせる商品づくりをこれからも奮闘していきます。

代表者からのメッセージ

私は生まれも育ちも室蘭市。そのままとある建設会社に就職し、その会社の幕別営業所に配属されたのが今日までの始まりでした。幕別に来て今の奥さんと出会い、会社を辞めて奥さんの実家であるこのスーパーを継ぐことになったんです。
1926年からやっている歴史ある店ということもあるけれど、地元の人からは『スーパー』ではなく『木川さん』って店のことを呼んでくれるくらい、町民の皆さんにも身近に感じてもらっているのかもしれません。

企業・団体の魅力
  • 創業92年の老舗個人スーパー。知る人ぞ知る歴史がある商店です。
  • 大手スーパーの参入に負けないよう新たな方面から頑張ります。
  • 幕別町がこのコロッケやメンチカツを『幕別町の特産品』と認めてくれました。地域があって私たちの会社があると思っています。

実際に働いている主婦スタッフの方にインタビュー!

地元幕別町在住の主婦スタッフの方にお話をお聞きしました。「私はもともと、ここのコロッケを食べたことがあってその美味しさは以前から知っていました。そして私は栄養士でもあるのですが、ずっと大好きな地元十勝の食材を活かした食べ物をつくりたいと思っていたので、この会社は私の想いが叶うピッタリの場所です。少人数制の職場である中、コロッケやメンチカツの注文はたくさん来るので確かに忙しさはありますが、それ以上に毎日が楽しいんです」と素敵な笑顔を見せてくれました。もちろんここで働くのに栄養士等の資格は不問。仕事は誰でもできる単純作業が中心でピーラーさえ使えれば大丈夫とのこと。少人数制だからこそのアットホームな空間の中、スタッフ一人ひとりが地元愛を持ってイキイキしている取材でそんな印象を抱きました。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP