ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 孫や、ひ孫たちへ営みを紡ぐこと。所属や肩書を超えた個と個が繋がる
【一般社団法人ナンモダ/新冠町】

孫や、ひ孫たちへ営みを紡ぐこと。所属や肩書を超えた個と個が繋がる
【一般社団法人ナンモダ/新冠町】

企業・団体のビジョンやミッション

もうひとつの、おしごと拠点

ナンモダ/nanmodaは、チャリティーワークとパラレルワーク(副業・兼業)のインフラストラクチャーを低人口地域に実装し、個人や町内外企業、自治体と積極的に協働しながら、地域や世界における社会的課題の解決に寄与することを目的に設立したソーシャルセクターです。

これからの地域の営みについて考え、課題を抽出し解決を図る。そのためには…

ナンモダは、個と個を緩く繋げて、地域の社会課題を抽出し解決を図ります。僕らは、皆子どもでした。子どもの頃って、何となく集まって繋がって遊びを考えたり、困りごとがあればツルんで集まって何とかしよう!って無邪気に笑いながら動き回っていましたよね。想像力や好奇心、未来に対する恐怖心も大人になるにつれて、子供心が失われていく。今一度子供に帰って「やりたい」をカタチにしていけば、地域自らが新たな活力を持つであろうと思いました。人にフォーカスする会社を設立したかったです。地域の資源は、間違いなく人だと思います。

代表者からのメッセージ

子どもの頃、何をイメージし、何を夢見ていたかって、これからの人々の営みについて考えていく上で大きなカギとなるように思います。
望む望まぬに関わらず技術の革新は恐ろしいスピードで進んでいきます。世の中の仕組みが変わる、言わば黎明期に我々はいると思うのですが、その変化に対応出来得る子供心を持った個の集まりが欲しかったのです。
既存の企業や自治体では対応できない、手を伸ばせない領域に我々はコミットしていきたいと考えております。
ちなみに僕は子供のころ、偽造紙幣ばっかりつくっていました。今もです…っていうのは嘘です(笑)
皆さんも、ナンモダで子供に帰ってみませんか?

企業・団体の魅力
  • 全員副業がルールですので、誰でも参画可能です。今はその土台作りに専念しています。
  • スタートアップメンバーは、実に多様で、個性的です。それぞれの才能をシェアしながら、それぞれのやりたいをカタチにしていくことができますし、今後、面白いモノやプロジェクトがナンモダから沢山生まれる事を期待しています。
  • 例えば「サラブレッド野菜」の不思議な段ボールは、ナンモダのスタートアップメンバーで集まって、とにかく子どもに帰って作った段ボールです。子どもだったら絶対に捨てたくなくなる段ボールとはどんな段ボールだろうかと。塗り絵ができて、六角形で、イラストのつじつまも合っていません。でも面白い野菜宅配用の段ボールが出来たと思います。

今後について

ナンモダには移住者も地域の出身者もいます。海外からやってきた者もいます。雇用の概念が無いし、地域や社会に課題が無ければ、することがありません(笑)
でも、必ずやナンモダという繋がりは道内から道外、海外へと大きく羽根を伸ばしていく事でしょう。
都市部の方々の移住ニーズは高まっていると聞いていますが、「ナンモダのある町」と新冠町や日高地方を選んでいただけたら嬉しいですね。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP