ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 電気屋の仕事を通じて町を見守る地域密着の電器店
【あいたなか 田中電器店/由仁町】

電気屋の仕事を通じて町を見守る地域密着の電器店
【あいたなか 田中電器店/由仁町】

掲載年月:2018年11月

あいたなか 田中電器店

企業・団体のビジョンやミッション

創業73年。地域とともに歩んだお店を守っていきたい

73年前に創業し祖母が守ってきたお店を父が引継いでおよそ50年経ちます。3代目の私も高校卒業後にナショナル(現パナソニック)の後継者育成学校で学んだあとすぐに家業に入りました。もう23年になります。
小さい頃から家は電器屋さん。父親の作業についていき修理する姿をよく見ていたので、「自分もお店を継ぐんだな」と漠然とですが思っていました。電気関係のことは好きだったのでよく機械をばらしたりしていましたし、中学生の時に技術の授業でラジオを作ったときもすごく楽しかったのを今でも覚えています。

地域を見守る役割も担う
社長である父親も年を重ねたのでいずれは私が継ぐことになります。これからは自分がお店の顔として守っていかないとならないですが、小さい頃から修理について行っていたおかげで、家業を手伝い始めた時にはすでに町の人に顔を覚えてもらっていました。
今の時代、そう簡単には家電商品は売れず修理がメインになっていますが、町の高齢化も進んでいる今、修理が終わったらすぐ帰るのではなく何かあればついでにお手伝いすることも自分たちの役割ではないかと考えています。
代表者からのメッセージ

今自分が住んでいる地域が好きです。札幌市や千歳市などの主要都市に行くにも便利で、都会のごみごみしたところより、この地域のほうが私にとっては暮らしやすい。
好きな町だからこそ、ここで暮らしているお客さんに満足していただき、愛され続けるお店としてこれからも続けていきたいと思っています。
(店長:田中 克幸)

企業・団体の魅力

商品を売るだけでなく、修理にも素早く対応しています。お客さんに寄り添って電器以外の困りごとにもできる限り応えていきたいと思います。
保育園の運動会など町内行事のビデオ撮影の仕事も受けていて、札幌の知人から演舞の撮影を依頼されたこともあります。編集作業が好きなので、基本的にはどんな依頼も受けています。

好きなサイクリングでも町の役に立ちたい

この地域で開催されるサイクリングイベントに参加したり、友人が主催するアットホームなサイクリングイベントの運営をお手伝いしています。自転車は中学の頃から高校まで毎年友人とテントを積んで走りに行くほど好きで、今ではすっかりロードバイクにはまっています。
この地域は、雪が降らない季節には町外から毎日のようにサイクリストが訪れる恵まれた環境なので、休憩スペースやメンテナンス器具を取り揃えて気軽に立ち寄れるサイクリングの拠点を作りたいと思っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP