ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「地域材×伝統構法×デザイン」で地域循環型の家づくり
【株式会社木村建設/足寄町】

「地域材×伝統構法×デザイン」で地域循環型の家づくり
【株式会社木村建設/足寄町】

企業・団体のビジョンやミッション

北海道に日本の家づくりを

極寒冷地の北海道でも寒くない日本の家づくりを提案します。
日本の気候風土に合い、日本人の繊細な感性になじむ、伝統的な家づくりの考え方と現代の先進技術やデザイン性を掛け合せ、世代を超えて心地よく暮らせる住まいをつくります。
伝統的な大工技術の継承、人材育成も目的としています。

地産地消の家づくり

できるかぎり近くの山の木を使って家をつくります。
家を作ることそのものが環境に負荷を与え、地域の景観にも影響のある社会的責任を伴う行為です。木材運搬によるCO2排出を最小限におさえ、また地域経済に循環を生み森林を次世代に引き継ぐためにも、地域材を使うことはとても大切と考えます。あわせて、内外装材にも無垢の木材や紙クロスなどの自然素材をご提案します。

「はたらくものづくり村」プロジェクト

現在弊社では、「はたらくものづくり村」と称した移住者用の賃貸住宅を建設中です。これは、北海道に移住して起業を目指す方に向けて、地域材と伝統構法で住まいをつくり、足寄町に移住してもらう足がかりになることが目的です。
求める人物像は手に職を持った方で、大工をはじめ、木工家、料理家、工芸家、デザイナー、ITクリエイター、フォトグラファーなど、ジャンルは問いません。伝統的な木組みの家は、創造性豊かな暮らしを育み、クリエイターには最適です。
短期滞在用(1か月~)のシェアハウスと、長期滞在用(6か月~最長3年)の一戸建て住宅、その他にも地域住民との交流やシェアオフィスにも利用できるコミュニティ棟を建設します。

代表者からのメッセージ

足寄町で50年以上建築業を営んできました。これから人口が減り、住宅需要の減少も避けられない時代を目の前に、弊社も転換期を迎えています。地域工務店として消費型の家づくりを見直し、森林資源も含めて次世代につなげる家づくりに向き合います。100年後を見据えた仕事を、共に実践してくれる仲間を募集しています。

企業・団体の魅力

弊社では、札幌を中心にインテリアブランド「アステリ」も事業展開しています。インテリアデザイン・コーディネート、モデルハウスのスタイリング、アパートやマンションのリノベーション等住空間の「お色直し」をいたします。足寄本社の伝統的建築にも、現代的で洗練されたスタイリングを融合させてご提案します。

「はたらくものづくり村」で暮らしてみませんか?

平成30年度中に、短期滞在用の住宅1棟と、移住者と地域住民のコミュニティスペース1棟を建設予定です。いずれも「木組みの家」仕様で建設します。この場所をきっかけに、地域におもしろい風が吹いてくれることを願っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP