ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 索道事業を中心に体感型の観光事業を行い、北海道をさらに元気に
【ワカサリゾート株式会社/壮瞥町】

索道事業を中心に体感型の観光事業を行い、北海道をさらに元気に
【ワカサリゾート株式会社/壮瞥町】

掲載年月:2019年1月

ワカサリゾート株式会社

企業・団体のビジョンやミッション

観光業を北海道の基幹産業へ

北海道には1年で5,600万人の観光客が来ており、観光総消費額も約1.4兆円、観光産業GDP6,320億円で農業の5,527億円をしのぐ規模まで成長しており、今や、観光産業は北海道の基幹産業と言える状況になりました。そのような状況の中で、弊社は、索道業を中心に体感型の観光事業を行い、今では、外食・物販業、ゴルフ事業と「食と観光のプロデュース」で、さらに北海道を盛り上げていくように成長をしています。

マルチタスク

弊社では、1人何役も行うマルチタスクに取り組んでおります。専任で1つの業務を行うのではなく様々な職種を任されることにより、色々なスキルを身に付けることが出来ます。
また、視野を広く持つことにより1つの固定概念にとらわれることなく、多種多様なチャレンジが出来る職場環境を整えております。

代表者からのメッセージ

私たちの事業は索道業や飲食業等ですが、いずれも、お客様に対し、安心・安全を提供しなければいけません。
そのためには、日々の整備や確認作業など手抜きは許されません。
スタッフは、お客様に楽しんでいただくために、自ら楽しみながら仕事をする反面、しっかり緊張感も持ちながら働いています。
写真:日々安全運行の為に整備を実施する索道スタッフ

企業・団体の魅力

近年は海外からの観光客も増加しており、弊社においても海外出身者の社員をはじめ、インターンシップ、ワーキングホリデーにより色々な国からのスタッフがおります。そのようなグローバルなスタッフと共にマルチな業務を行なえます。
国内外から様々なお客様がお越しになりますので、弊社で働いていなければなかなか経験できない職場環境の中で、日々成長することが出来ます。

スタッフからも一言

索道部主任の飯田理さん。静岡出身の飯田さんは、北海道の自然が大好きで、北海道で就職。普段はロープウェイのチケット窓口での業務が中心ですが、火山マイスターの資格を持ち、修学旅行生の案内ガイドなどの業務も行っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP