ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「サイクルサポート」を新たな経営の柱として挑戦するタクシー会社
【有限会社 阿寒観光ハイヤー/釧路市】

「サイクルサポート」を新たな経営の柱として挑戦するタクシー会社
【有限会社 阿寒観光ハイヤー/釧路市】

掲載年月:2019年2月

有限会社 阿寒観光ハイヤー

  • 住所:釧路市阿寒町新町2-4-7
  • 代表者名:取締役 松岡 篤寛
  • 電話:0154-66-3221

企業・団体のビジョンやミッション

お客様にあわせたオーダーメイドのご旅行のご提案

従来の景勝地をめぐるだけの観光タクシーの需要は、カーナビ付きレンタカーやスマートフォンの普及によりお客様のニーズを満足させることができなくなってきました。その土地に住む人が普段利用する飲食店や、地図や旅行雑誌に載っていない穴場スポットへの要望など、観光タクシードライバーに求められる姿が年々変化していることを実感します。
ドライバーがサイクリストであれば、その季節だけみられる美しい風景を知っていますし、登山が趣味であればあれば紅葉のスポットにご案内することができます。「いつでも、どこでも、だれにでも」ご旅行の提案から「いまだけ、ここだけ、あなただけ」のお客様にあった旅のご提案を私の会社はしてまいります。

サイクルーサポートタクシーへの挑戦~従来のタクシーの枠を超えて~

私自身の趣味がサイクリングでした。自転車が盛んな台湾へ視察にいったとき、ロングライドを楽しむグループにサポートカーが伴走するサービスを知ったのが導入のきっかけです。サイクリストのお客様を8人まで乗車いただき、屋根に自転車が8台車載でき、サポートタクシーがあることにより、急な体調や天候の変化、自転車の故障トラブルなど、お客様が抱える不安をサポートすることが特徴です。
従来の個人旅行で利用されることが多いジャンボタクシーの需要は年々減少するなかで、個人の特定の趣味にタクシーがサポートできないかと考えます。自転車に限らず、釣りや登山などのお客様をサポートできる、従来のタクシーではあまり得意としていなかった分野に挑戦をしていきます。

代表者からのメッセージ

タクシー業界では若い経営者かもしれません(笑)。25歳の時に縁がありまして今の会社の社長に就任しました。本業のタクシー部門の他に収益を安定させるため、バス事業の免許を取得し赤字バス路線が撤退した後の路線を「乗合タクシー」を運行し地域の足を守りつつ経営の安定化を進めてまいりました。新いしいことに挑戦することに意欲的ですが、失敗も多いです(笑)。
阿寒の地は都会とくらべると不便ですが、手付かずの大自然が広がるエリアです。仕事も重要ですがオフの時間で自然を楽しみながら、趣味を仕事に活かせるタクシー会社をめざしています。

企業・団体の魅力
  • 阿寒湖温泉地区と阿寒町にて観光タクシーを専門とするタクシー会社です。ジャンボタクシーを5台所有し、東北海道全域をご案内する業務が主な会社です。
  • 会社の周囲には、フィッシングのメッカの「阿寒川」や、日本百名山のひとつ「雌阿寒岳」があります。休日を利用してアウトドアを楽しむ環境がすぐ目の前に広がります。
  • 早い時期からインバウンドのお客様に対応をしているタクシー会社です。

冬季「1日タンチョウ撮影」

冬の野生生物の撮影スポットはお任せ下さい。野鳥の撮影に熟知したドライバーが季節や時間に応じた撮影スポットをご案内いたします。冬、早朝の美しいタンチョウを撮影できるポイントへご案内するプランもあります。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP