ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「明日のために、遊ぶ」 阿寒湖を中心にアウトドアプログラムの企画、運営を行う会社
【有限会社 阿寒ネイチャーセンター/釧路市】

「明日のために、遊ぶ」 阿寒湖を中心にアウトドアプログラムの企画、運営を行う会社
【有限会社 阿寒ネイチャーセンター/釧路市】

掲載年月:2019年2月

有限会社 阿寒ネイチャーセンター

企業・団体のビジョンやミッション

阿寒の魅力を伝える

地域の歴史や、植物や動物等の知識、アウトドアの活動に必要な技術の習得、安全管理や万が一の応急処置に関わる知識など、アウトドアガイドに求められるものはたくさんあります。

ゲスト達は、貴重な時間を私達に預け、より有意義に楽しもうと訪れてくれています。ガイド自身が、日頃からの努力と経験から得た知識や判断力をしっかりと備えておくことは、自然の魅力をよりよく伝えるために必要不可欠なことです。

ガイドは、多くのフィールドに出向き、多くの挑戦をし、たくさんの発見と気づきをする必要があります。本だけでは得ることの出来ない経験を土台とし、たくさんの知識の引き出しを備え、ゲストを迎えます。阿寒の魅力は、阿寒にいるだけでは伝えることが出来ません。もしあなたが、阿寒に興味を持ったなら、私達を尋ねてください。あなたの経験も、阿寒の魅力を誰かに伝える一つの力になるはずです。

阿寒の自然をずっと楽しむために

阿寒湖は、針葉樹と広葉樹の入り混じる、とても植生の豊かな森林に囲まれています。阿寒湖を見下ろすようにそびえる雄阿寒岳と活火山の雌阿寒岳に囲まれ、道内でも有数の自然景観を誇ります。また阿寒湖を囲む森林の大部分が明治時代より民有地となっていることが大きな特徴であり、類まれな自然景観が残った大きな要因の一つです。

北海道の開拓の歴史は浅いですが、短い中にも大きな変化がありました。阿寒も例外なく森林を資源として利用しました。阿寒の森林にも多くの歴史が隠れています。今がいいのか、昔がいいのかは分かりませんが、歴史を知り、今あるものを大切に、ありのままの姿を大切にしながら活動していきたいと思います。自然ガイドとして、観光と自然保護についての自問自答は尽きることがありませんが、これからも阿寒の自然を楽しむために、阿寒湖の先輩が残した言葉をいつも考えます。
「何事も思うことは、自然保護という人間の思い上がりです。自然を保護するのではなく、大きく自然の保護を受けているのが、真の自然保護であり、私達の命の糧です」

代表者からのメッセージ

阿寒ネイチャーセンターでは、阿寒湖、オンネトーを中心に、主にカヌーと自然ガイドの企画、運営を行っています。代表は日高山脈を中心とした登山ガイドとして活動を続けていましたが、縁あって1998年に阿寒に移り、総合的なアウトドアガイド会社として阿寒ネイチャーセンターを立ち上げました。団体旅行の受け入れも行っていますが、少人数でも参加しやすいプログラムを中心に提供しています。阿寒に限らず、道東の観光についても情報提供出来ますのでお気軽にお問い合わせください。

企業・団体の魅力

ガイドも少なく、少数精鋭で運営を行っている会社ですが、その分経験豊富で阿寒湖に根を張ったガイドが在籍しています。
オフ期間の多いガイド業ですが、地域と連携を取ることで、ガイド自身の生活基盤を整えています。

アウトドアガイドという仕事

自然の中での活動が注目されると共に、職業としてのガイドも少しずつ成り立ってきていると感じます。ガイド業は山、川、森など様々なフィールドの中で、四季による環境の変化も体全体で感じることができます。遊びという観点からもいろいろなことに挑戦して、自分の可能性を探り、広げることの出来る素晴らしい仕事です。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP