ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 人とひとをつなぎ、支え合う共生のまちづくりを目指して
【NPO法人新十津川ぴあネットワーク/新十津川町】

人とひとをつなぎ、支え合う共生のまちづくりを目指して
【NPO法人新十津川ぴあネットワーク/新十津川町】

掲載年月:2019年2月

NPO法人 新十津川ぴあネットワーク

企業・団体のビジョンやミッション

気軽に誰でも入れるコミュニティカフェ「アトリエロカル」

こちらのカフェは障害を持つ人への就労支援の一環で運営しているコミュニティカフェです。「田舎を彩る」という意味を込めて「アトリエ」と名付けておりますが、地域の方々がちょっとした会合や世間話等で利用していただけるような場所にしたいと思っています。
地元産のお米や野菜を使った「おにぎりカフェ」、小樽の有名店で修業を積んだパティシエが作るケーキなどを提供しており、メニューのクオリティには自信があります。お客さんも美味しいと言ってくれていますし、その方が新たなお客さんを連れてきてくれて、人と人とのふれあいの輪が大きくなっているのを嬉しく思います。

人材不足に悩む地域をサポート

人材不足に悩む地域事業者の課題を、障害を持つ人と一緒に解決したい。そんな思いで人材派遣事業も行っています。将来、障害を持つ人に働く場所も提供できると思いますし、地元企業の支援もできるのではないかと思っています。今は地域の建設会社、スーパー、商店、農家に人材を派遣して、雪下ろしの作業を行っていますが、今後は地元スーパーで作って頂いたお弁当を独居高齢者へ配色するサービスなども行えるのではないかと思っています。今のところ反応は様々で、時に作業を行うのが難しい場合もありますが、「助かった、また来てほしい」との声もいただいているので、まず事業の内容を見てもらい、知ってもらうことが大事だと思っています。

地域の仲間「ぴあ」ネットワーク

私たちが行っているのは、「地域福祉」という呼び方もしていますが、目指しているのは「コミュニティソーシャルワーク」です。地域の課題を地域住民と一緒に解決したい。どちらかが上、どちらかが下、という意識ではなく、地域の皆さんが皆「仲間同士」という意識で、地域の方々と一緒に皆で連携して、公的な福祉事業にない取り組みとソーシャルビジネスを展開していきたいと思っています。

代表者からのメッセージ

法人を立ち上げてまだまだ日も浅く、満足してもらえる給料を払えないかもしれない。ただ、一緒に「会社作り」をしてもらえる方がいると心強いです。
私たちの理念のベースは「地域づくり」でもあるので、地域課題を解決しながら、地域を盛り上げてビジネスとしても成功させる、法人で働く人たちのベースアップも図りたい、そんな思いで共に働いて頂けたらと思います。

企業・団体の魅力

私たちは事業を通して「地域づくり」をしたいと考えており、現代では希薄になってしまった、何かと疎遠になりがちな人と人との関係性を「再構築」したいと思っています。高齢者に留まらず、地元企業、農家、子供のいるご家庭など、地域のニーズとニーズのマッチングを通じ、皆が「支え合う地域づくり」を行っていきます。

【ふれあい横丁】を使ってください

平成31年1月現在、地域サロン「ふれあい横丁」の改修を行っています。
改修が終わりましたら食堂を作ってみたいと思っています。地域の高齢者が作る、「昔ながらのラーメン」や得意とする定食を提供し、認知症予防カフェ、ヨガ教室、レコード鑑賞会など、地域の方自ら企画した取り組みを展開できたらと考えています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP