ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 希少で高品質な「和ハッカ」を育て、地域の特産品を開発する
【滝上町 和ハッカ・ラボ/滝上町】

希少で高品質な「和ハッカ」を育て、地域の特産品を開発する
【滝上町 和ハッカ・ラボ/滝上町】

企業・団体のビジョンやミッション

100年以上続いてきた滝上の和ハッカ栽培と文化を守り続ける

和ハッカ・ラボは滝上町内にて和ハッカを生産する農家3軒と、滝上町商工会で立ち上げた団体です。あまり知られていませんが、滝上町は和ハッカの名産地。”ハッカ”は”ミント”の日本語で、和ハッカはニホンハッカとも呼ばれるミント(ハッカ)の一種です。ペパーミントやスペアミントなど他の種類に比べてメントールの量が多いという特徴があります。滝上町の和ハッは10軒ほどの生産農家により、たった5haの栽培面積ながら国内商業生産量の95%を占めています。
昭和初期、北海道のオホーツク地区は、世界市場においてトップのハッカ生産量を誇っていました。しかし、戦火の下でハッカの生産は減反。戦後には一時回復しましたが、外国製ハッカや合成ハッカの登場、さらにはハッカの輸入自由化も始まり、国内のハッカ産業はほぼ消滅してしまいます。それでも、滝上町では蒸留窯を残し、和ハッカの生産を続けてきました。滝上町の高品質な和ハッカの生産を続け、もっと広く伝えていくことを目的に活動しています。

栽培から精油、商品開発までを地域で行う

和ハッカ・ラボでは、和ハッカの生産はもちろん、和ハッカを活用した商品開発と販売に注力しています。原料となる和ハッカ油は、生産農家で栽培された和ハッカを町内にある蒸留施設で精製したもの。これまで、和ハッカ油のみでつくった天然の虫除けスプレーである「SUUTCOOL」を商品化したほか、滝上町らしい香りをイメージしたアロマオイル「TAKINOUE AROMA」を開発、2019年より販売開始する予定です。
より多くの方に和ハッカの魅力が伝わるよう、和ハッカの蒸留作業の現場や実際に栽培している畑の見学ツアーも行ってきました。これからも和ハッカ栽培、製品の良さを発信しながら、滝上町の特産品を育てていきます。

代表者からのメッセージ

滝上町には2つの日本一があり、1つは「芝ざくら」もう1つは「和種ハッカ」です。我々ハッカ生産者は、この希少な和種ハッカをこれからも大事に守り続けていきます。

企業・団体の魅力

日本では希少な和ハッカを生産し、農家と商工会とが協力して商品化まで一貫して取り組んでいます。高メントールが特徴の和ハッカ油でつくる製品は、安心・安全で高品質です。

和ハッカ栽培の様子、蒸留作業見学体験など実施しています

和ハッカを栽培する実際の畑を見てみたい、長年使われてきた蒸留窯による年に1度の蒸留作業を見学したいなどの問い合わせも受け付けております。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP