ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 道南の歴史あるワイナリー 【株式会社 はこだてわいん /七飯町】

道南の歴史あるワイナリー 【株式会社 はこだてわいん /七飯町】

企業・団体のビジョンやミッション

歴史と共に歩みを進めるはこだてわいん

七飯町は西洋式農業発祥の地。明治初期から葡萄の試験栽培や果実酒の醸造が行われていたことが文書に記載されています。七飯町にあるはこだてわいんもルーツをたどるとその歴史は古く、戦前までさかのぼります。1932年に小原商店(現:株式会社小原)が醸造免許を取得し、駒ヶ岳近郊で自生の山ぶどうを醸造したのが始まりでした。1973年に小原商店の果実酒醸造部門を独立させるかたちで駒ヶ岳酒造株式会社(現:株式会社はこだてわいん)が函館市内に設立されました。その後、七飯町への移転と同時に社名を「株式会社はこだてわいん」と変更して現在に至ります。
当初は近隣で葡萄栽培を行っていましたが、収穫量が増えなかったことから、余市町の農家と契約栽培を行うほか輸入原料を使用してきました。近年はワイン需要の増加に伴い、国産ワインが注目されるようになってきたことから、地元七飯町で自社にて新たな葡萄栽培を始めました。はこだてわいんは、ワインづくりを通じてお客様の要望に寄り添いながら、歴史とともに歩んできました。

オリジナリティのある「日本のワイン」を目指して

日々の生活の中で美味しく安心して召し上がって頂けるワインを提供したいという想いをもってワインづくりをしています。そうした中で、他とは違うはこだてわいんらしいオリジナリティを表現していきたいと考えています。
その代表のひとつに北海道各地の果実を原料としたフルーツワインがあります。はこだてわいんのイメージといえば、フルーツワインをあげる方も少なくないくらい多くのお客様に愛されています。また近年脚光を浴びている「酸化防止剤無添加ワイン」にも早くから取り組んできました。特に高度な醸造設備と技術が求められる生葡萄から造る酸化防止剤無添加ワインづくりにもこれまで培ってきた経験を活かしながら造り続けています。
この他、原料葡萄を凍結させて甘味を凝縮させる「しばれづくり製法」によって醸造したしばれわいんシリーズは各種コンクールで毎年高い評価を頂いています。変わったところでは青函トンネルに蔵置所を持っており、その蔵置所で熟成させたワインを定期的に販売しています。海面下283mでは温度湿度が一定に保たれていることからワインの保存に最適であることから、発売を楽しみにされているお客様がたくさんいらっしゃいます。
これからもこれまでに培ってきた経験を活かしたアイディアをベースにオリジナリティのあるワインづくりに取り組んでまいります。

代表者からのメッセージ

近隣自治体にはワイン用の葡萄栽培を始める企業が集まってきました。道南エリアは葡萄栽培の地として、今注目を集めています。私たちの自社畑で栽培収穫した葡萄でのワインづくりも数年後から始まります。七飯町の葡萄で美味しいワインが出来れば、七飯町は良い葡萄の産地としてさらに認知されていくでしょう。それが地域の発展・貢献にも繋がっていきます。
地域に根差した企業として私たちは葡萄栽培、ワイン造りに一所懸命取り組んで行きます。葡萄栽培、ワインづくりに志のある方、ともにこの地を盛り上げていきましょう!!

企業・団体の魅力

販売は北海道を中心に日本全国に広がっています。北海道外では各地の北海道物産展への出店も行っています。近年はアジア圏への輸出も増加しています。本社内および函館市内には直営店を設けて、お客様の声を伺いながらワインの試飲や販売を行うことで、はこだてわいんの魅力を伝えています。
私たちのワインをこの地から発信し続けていくためには、葡萄栽培や醸造経験の蓄積が必要です。こうした業務を長く続けられるようしっかりとした体制づくりを行っています。

スタッフからも一言

ワインは世界共通の文化です。世界中のいたるところで、生活の一部となっています。七飯町は決して有名な自治体ではありませんが、ワインを通して世界に発信することが出来ます。もちろん現在も日本中にはこだてわいんは届けられていますし、海外へも輸出されていますが、本場に負けない美味しいワインを造って七飯町の名前を世界中に届けたいですね。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP