ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 時代の先を行く発想と団結力で 木材会社の概念を変える
【丸十木材 株式会社/帯広市】

時代の先を行く発想と団結力で 木材会社の概念を変える
【丸十木材 株式会社/帯広市】

掲載年月:2016年2月

丸十木材 株式会社

企業・団体のビジョンやミッション

道東の風土に合った建築工法に、いち早く注目

十勝管内で唯一の2×4(ツーバイフォー)のパネル工場を持つなど、時代の先を行くユニークな経営で注目を集める丸十木材。メインとなる事業のひとつが、2×4建築のパネル製作です。2×4の工法は壁や床といった広い面で支えるので、断熱性が高く地震に強いという特長があります。工期が短くなるだけでなく気密性も高まるため、既に帯広市の新築住宅で数多く取り入れられているのです。

新しい挑戦を恐れず、常に未来に目を向ける

1952年に創業した丸十木材。現在代表取締役社長を務めるのが、中田隆之さんです。中田さんはインターネットがさほど普及していない今から約20年前、「木材を海外から直輸入する」という斬新なアイデアで周囲を驚かせました。そこで他の企業に先駆けて海外スタッフと信頼関係を築いたことが、今の好調な業績にもつながっています。目標を高く掲げ、チャレンジ精神を忘れない。丸十木材の社内にはいつも前向きな空気が流れています。

代表者からのメッセージ

自分の中のブレない軸が何より大事。従業員にはいつも『目標を持ちなさい』と話しています。何かを達成したいという思いが、日々を充実させることにつながっていくんです。そして周囲の人を大切にすることも、忘れないでほしい。うちの会社では日頃の感謝の気持ちを形にするために、毎年新年会や焼肉の集いといったイベントを開いています。

企業・団体の魅力

・技術者の育成や技術の継承に力を入れていることから、初めての仕事でも先輩社員が丁寧に指導してくれる。
・専門の職種を極めることができる。
・社員同士の仲が良く、相談しやすい環境。年に数回、家族ぐるみの交流会も開かれている。

スタッフからもひと言

働くときは働き、遊ぶときは遊ぶ」と、メリハリを大切にしている会社です。恵まれた環境の中で、仕事にも趣味にも全力で取り組んでいます。知識豊富で頼れる先輩が多いので、早く近づけるように頑張りたいです。(入社2年目・三津田翔伍さん)。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP