ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 町内農畜産品を核とした観光振興業を成す十勝ワイン「も」ある町、池田町へ
【池田町観光協会/池田町】

町内農畜産品を核とした観光振興業を成す十勝ワイン「も」ある町、池田町へ
【池田町観光協会/池田町】

掲載年月:2016年2月

池田町観光協会

企業・団体のビジョンやミッション

50年以上続く町内ワイン文化の次代への継承

国内初の自治体経営ワイナリーを有する池田町。ワイン消費の拡大を図るため、牛肉をはじめとするワインとの相乗効果を得られる食文化を提唱し続けてきた歴史があります。これを維持継続するとともに、現代風にアレンジし他の町内農畜産品も活用した集客コンテンツの開発と地域ブランド力の向上を使命とします。

町内農畜産品の認知度向上による集客機能の強化

行政からの支援を受ける組織体ですが、様々なアイデアを実行に移し事業化を図っております。公益性のある事業を履行しながら、自主性の高い収益事業を積極的に取り組んでいます。早期に「観光入込客数の回復」と「滞在消費額の拡大」を図るべく町内滞留型の観光促進を進めて参ります。

代表者からのメッセージ

池田は既に観光コンテンツになり得る資源を豊富に揃えております。これらの点在する観光資源を集約し、関連付けを行い内外への情報を発信し、来町してもらう仕組みづくりを始めたところです。観光地としての隆盛から50年が経過し各種コンテンツの経年劣化を認識しています。
町外出身者の視点で当町独自のワイン文化を紡いでいくために知恵を絞り、労力をかけ、順序立て再構築を図っていく気概のあるパートナーを探し求めております。

企業・団体の魅力

職員数が少ないので、多岐にわたる業務に従事することを求められております。
自己研鑚の場としてとらえた時には、これ以上ない刺激や知識を習得できると思います。
事業推進においては、クリエイティブ性を発揮することができます。
いままでの経験や知識を活用し、実践的事業に取り組むことができます。

スタッフからもひと言

移住者視点では池田町民のワインの飲み方は奇妙でした。それをビジュアル化した「ロゼロック」が現在、町内でブームを迎えています。些細な事でも観光コンテンツ化できる仕事に魅力を感じてます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP