ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「地域づくりを仕事とする」ということ
【株式会社 ノースプロダクション/浦幌町】

「地域づくりを仕事とする」ということ
【株式会社 ノースプロダクション/浦幌町】

掲載年月:2016年3月

株式会社 ノースプロダクション

企業・団体のビジョンやミッション

次代を担う子どもたちへ受け継いでいくために、未来へ向けて出来ることを、ひとつずつ実践していきます。
「教育」や「まちづくり」を軸に、国や地方自治体と連携、協働しながら、これまで数々のプロジェクトを手がけてきました。
我々大人世代が関わる「今」、つまり現在は未来の子どもたちからの預かりものです。
未来の子ども達が、未来のふるさとが、心豊かな暮らしにより続いていくために、ノースプロダクションがあると信じています。

代表者からのメッセージ

東京都目黒区生まれの私は、北の国からに憧れて北海道に移住し、浦幌で漁業に従事することが出来ました。
家族と生活していくために、 ししゃもの加工、ネット販売を始めました。そんな折、漁船の転覆事故に遭遇しました。
人間は、自然の前では無力です。だからこそ、自然の影響を強く受ける一次産業に従事している方々には、助けあい支え合うという文化が残っています。私は改めて、そのことを事故から学びました。今は、漁師も水産加工もネット販売もやめ、想いを共有してくれる仲間たちと様々な活動を仕事として行っています。

企業・団体の魅力

都会を支える“水・空気・食”などの命の糧を生み出すのは農山漁村です。そのため、都市に住む方には農山漁村を自分事として考え頂きたい。ただ、農山漁村と都市の距離は離れてしまっています。そこをつなぐコーディネートを誰かがやらなければいけません。都市に住む方が、自発的・内発的に農山漁村と繋がろうという意識を醸成出来る社会を目指したいと考えています。
ノースプロダクションでは、都市の若い方に、ありのままの農山漁村を体験して頂くことと、地域に対する意識を醸成する教育運動に取り組んでいます。

スタッフからもひと言

代表である近江のミッションに共感したスタッフが集う職場であることが、最大の魅力です。
出来ることは人それぞれ違いますが、スタッフはみんなやる気に溢れています。そういった仲間と切磋琢磨しながら成長していける環境を嬉しく感じています。

また、仕事が詰まっているときに、差し入れしてくれる夜食は、身も心も温まります。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP