ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「寒中みそぎ」で知られる木古内町はもちろん、道南西部9町の魅力を発信します
【一般社団法人 木古内公益公社 木古内町観光交流センター(みそぎの郷 きこない)/木古内町】

「寒中みそぎ」で知られる木古内町はもちろん、道南西部9町の魅力を発信します
【一般社団法人 木古内公益公社 木古内町観光交流センター(みそぎの郷 きこない)/木古内町】

掲載年月:2016年3月

一般社団法人 木古内公益公社 木古内町観光交流センター(みそぎの郷 きこない)

企業・団体のビジョンやミッション

道南西部9町の情報発信と物販を柱にしています。さらに、魅力をひきたてるため八雲や札幌からも含め今が旬な物、地域に隠れていた素晴らしいものを取り揃えています。
もちろん、木古内ならではの物もたくさん取り揃えています。例えば、木古内特産の赤毛和牛「はこだて和牛」を使ったコロッケや、地元の北島製パンのカレーパン、孝行餅、秋山農園のべこもち、みそぎの塩ソフトクリームなど、地元の素晴らしい伝統的な食べ物や地域の魅力を活かした商品も発売しています。
これらは、単品の商品だけでなく、皆様に気に入っていただけるお土産類ももっと増やしていきたいと考えています。
観光コンシェルジュも常駐し、木古内などの観光に来られた方へも地域の魅力を発信しています。さらに、北海道の表玄関として道内観光の起点終点になれるよう、レンタカー店舗もあります。

代表者からのメッセージ

2016年1月13日、「寒中みそぎ祭り」の初日にオープンしました。
北海道の表玄関になる北海道新幹線木古内駅の前にある「みそぎの郷きこない」に、まずは一度お越しいただき、よく見ていただきたいと思います。そして次に来たとき、期待を裏切らないよう、手を変え品を変えながら魅力を出し続けたいと思います。ここにしかないという物がたくさんありますので、まずはお越しいただければ嬉しいです。
2019年度中には高速道路もつながりますし、さらに満足していただける施設にしていきたいと思います。

企業・団体の魅力

「道の駅」としては珍しく、新幹線と在来線の駅前にあり、かつ木古内町の中心街に位置するとともに、松前や江差、函館などへ向かう路線バスの発着点にも面した交通の便利な場所にあります。
木古内の業者が何年も吟味した、フシのほとんどない杉をふんだんに使った館内は幅広い年齢層の方々に親しまれていますし、併設している山形県で「アル・ケッチァーノ」を展開する奥田シェフ監修の、レストラン「どうなんde’s」も人気です。
4000個の杉の玉が入ったキッズボックスや、杉のベンチもあるので、ご家族や団体さんなどでお気軽お越しいただき、楽しんでいただける施設づくりをしています。

スタッフからもひと言

新幹線駅も近いですし、コンシェルジュもいます。人の暖かさを感じていただき、色々な人がリピーターとして木古内に来ていただければ嬉しいです。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP