ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME たくさんのひとと関わりながら助け合いの精神で元気いっぱい、笑顔いっぱい
【特定非営利活動法人 やくも元気村/八雲町】

たくさんのひとと関わりながら助け合いの精神で元気いっぱい、笑顔いっぱい
【特定非営利活動法人 やくも元気村/八雲町】

掲載年月:2016年3月

特定非営利活動法人 やくも元気村

企業・団体のビジョンやミッション

私たちは約30年前から、八雲町に住んでいる人たちがお互いに支えあい、それぞれの個性を生かせる、すみよいまちを目指して、社会教育活動を中心に、まちづくりに取り組んできました。
様々な町民との出会いを通して、障がいを抱えた方たちの働ける場がほとんどないこと、何らかの理由で学校へ行けなくなってしまった不登校の子どもたちを、支援する体制も充実していないこと、高齢者の方たちが気軽に立ち寄れるカフェなどの憩いの場も少ないことが分かってきて、まちづくりには、教育と福祉が一体となった取り組みの必要性を感じるようになりました。

八雲町に住むお年寄りから赤ちゃんまでみんなが、それぞれ持っている個性を大切に、お互いに支えあいながら、笑顔で元気いっぱい楽しく過ごせるまち、それぞれの力を生かし、自分も社会の一端を担っている自信が持てるまち、次の世代も、その次の世代にも持続できる温かいまちを目指して、「やくも元気村」を、2010年9月に設立しました。

代表者からのメッセージ

人はそれぞれ得意、不得意があり、それらが集まって社会が成り立っています。しかし、最近はお互いに苦手なところを補い合う力が低下しています。やくも元気村は、様々な方法でたくさんの方と関わりながら助け合いの精神をおおいに発揮し、みんなが元気いっぱい、笑顔いっぱいになるよう取り組みます。
すみよいまちづくりをめざしていますが、とりわけ福祉事業を推進するなかで、教育と福祉が一体となった取り組みの重要性を感じています。

企業・団体の魅力

公民館を中心にすみよいまちづくりをめざして様々な活動をしてきたメンバーが中心となって、性別、年代、障がいのあるなしにかかわらず、協力して誰もが幸せを実感できる社会を作ることを目的に誕生したNPOです。
職場も地域も社会も、平和で安心して暮らせるように小さな積み重ねを大切にします。

主な活動

(1)就労継続支援B型事業所「共生サロン八雲シンフォニー」運営
(2)共同生活援助事業所「ぐるーぷほーむ“ホッと”」運営
(3)福祉有償運送運営
(4)共生型事業(ふれあい昼食会やシンフォニー祭り等)
(5)八雲山車行列に参加
(6)ユーラップジオパーク構想準備会(事務局団体)
(7)地域における再生可能エネルギー等の導入事業の具現化への学習会

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP