ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 個々(ここ)が自分らしくありながら此処(ここ)で共に大切に
【NPO法人 ここ/稚内市】

個々(ここ)が自分らしくありながら此処(ここ)で共に大切に
【NPO法人 ここ/稚内市】

掲載年月:2016年3月

NPO法人 ここ

  • 住所:稚内市港1丁目2番3号郡ビル1階
  • 代表者名:大谷 由美子
  • 電話:0162-73-1765

企業・団体のビジョンやミッション

障がいのある人もない人も、大人も子どもも尊び、学び合い自分らしくいきいきと暮らせる社会をかたち創ることをめざしています。
障がい福祉サービスや就労・子育てなどの関連する活動を通じて、地域の方々や関係機関等と協働し、さまざまな出会いや多世代間の交流拠点を構築しながら「誰もが大切にされるまちづくり」を目的とします。

代表者からのメッセージ

平成27年5月より、「誰もが大切にされるまちづくり」を目的に仲間10人と多世代間の交流スペース「コミュニティカフェ運営」をめざし、NPO法人を起ち上げました。
障がいのあるなしにとらわれず、老いも若きも気にせず交流から理解が生まれ、お互いに心地よく過ごせるスペースを地域で創り、また、季節のなかでそれぞれの「時間」や「旬」を大切にし暮らしを見つめ未来へつなげたいと願っています。

平成30年2月より、就労継続支援B型事業所「わっかない・ここ」運営の「コミュニティカフェ ほっと」が始まりました。おすすめランチとフェアトレードコーヒーなどを提供し、ゆっくりくつろぎながら交流できる居場所です。手づくり作品や登録メンバーの作品を展示販売しています(気軽にお立ち寄りください)。

企業・団体の魅力

1.ライフステージに合わせ大切にしたい地域での支援として、子育て応援や生活の工夫、身近な読書環境や情報提供ができる共生型スペースで交流できます。
2.高齢者、地域の方から生活の知恵・経験を学びながら創作活動などを楽しめる活動の場となっています。
3.「もったいない」からリサイクル・リメイクし役割と形を変えながら「モノ」の活躍の場を広げています。
4.「活動拠点ここ」は、手作りを楽しんだりボランティアとしての活躍の場になっています。
5.「みんなのトイレ」として車イス対応トイレがあり、おむつ交換台やベビーキープなどもあります。
6.授乳室もあります。

スタッフからもひと言

・今後の運営展開にむけて、情報収集に努め、福祉関連を中心に関係機関との協力のもと研修会なども企画・開催しています。
・“モノを大切に”と、収集活動はじめハギレや毛糸、包装紙などを活用した“もの創り”で個性豊かな作品が生まれ、交流も広がっています。
・なにげないことが嬉しく、愉快です!
・「フエアトレードのコーヒー」飲んでます!おすすめです!!

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP