ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 無農薬、無化学肥料で体に優しいブルーベリーと山葡萄を提供
【菊地農園/厚沢部町】

無農薬、無化学肥料で体に優しいブルーベリーと山葡萄を提供
【菊地農園/厚沢部町】

掲載年月:2016年3月

菊地農園

  • 住所:厚沢部町清水74-1
  • 代表者名:菊地 政光
  • 電話:090-8636-6216

企業・団体のビジョンやミッション

無農薬・無化学肥料のブルーベリーづくり

体に優しいブルーベリー、農作物を作る事ができればということで、農薬、化学肥料は一切使わない農業を推進しています。
山地を農地にするためには、大変な苦労がありました。農薬を使わないので、もみ殻を撒いたり、ハーブを植えたり、アサツキを植えるなど、試行錯誤しながら自分の土地にあう農業を追求しています。いろいろなことにチャレンジをして、体に優しいおいしいベリーを提供しています。

ブルーベリーの生育・土台作り

ブルーベリーの栽培には手間が多くかかるわけではありませんが、成木になるまで7年近くかかります。美味しい実ができる場合はまたさらに数年かかります。この畑にブルーベリーの木が育ち、収穫する土台ができあがるのにはとても時間がかかりましたが、今では北海道でも最大級のブルーベリー畑の地盤ができてきました。

代表者からのメッセージ

農薬や化学肥料を使わない体に優しい農業を求め、今後はミネラルを加えた形の農業の研究を進めていきたいと考えています。
農業は自然と共に生きる事なので人間の思うようにはいきませんが、失敗しながらも日々自然と向き合っています。ノウハウの蓄積には時間がかかりますが、試行錯誤を重ね、成果の結晶であるおいしい農産物が取れると、やめられなくなるほどのすばらしい魅力があります。

企業・団体の魅力

ブルーベリーには多くの種類があるが、様々な品種を試していく中で、現在は自分の土地にあった3種類を中心に作っている。
ブルーベリーは収穫期に日々熟していくために限られた季節でしかとれないが、東京、神奈川など首都圏からファンが毎年訪れ、リピーターのお客さんも多い。体に優しい本物だからこその味を楽しんでいただける。
ブルーベリーだけではなく、山葡萄、ハスカップ、ネクタリン、白桃も無農薬で栽培している。

スタッフからもひと言

厚沢部町道の駅では、冷凍のブルーベリー、ペースト、冷凍のブドウを販売しています。大変人気の商品で、リピート購入者のファンがついています。菊地農園のこだわりがつまった商品です。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP