ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 生命を扱うことの大きな責任を果たしながら、おいしい牛乳を消費者に届けるために
【有限会社 田口畜産/幕別町】

生命を扱うことの大きな責任を果たしながら、おいしい牛乳を消費者に届けるために
【有限会社 田口畜産/幕別町】

掲載年月:2016年3月

有限会社 田口畜産

  • 住所:幕別町字日新7-4
  • 代表者名:田口 廣之
  • 電話:0155-56-1593

企業・団体のビジョンやミッション

生命を扱うことの責任

酪農は生命を扱う仕事です。主な仕事は搾乳ですが、日常的に牛に接する中で健康状態の変化に気づける敏感な目を養うことが求められます。1頭1頭、牛の状態に応じた的確なケアをすることが、乳量や乳質を保つことにもつながっているのです。技術的なことよりも、まずは生き物に対する心の持ちようこそを大切にしたいという思いが伝わってきます。

固定概念にとらわれない酪農経営

2014年には乳業卸企業株式会社MMJと契約し、本州の乳業メーカーに生乳を全量出荷できるようになりました。これは道内の酪農家としては初めての試み。十勝の酪農家が1軒仲間に加わり、6軒の牧場で搾られた生乳だけを使った牛乳が商品化されています。
「複数の酪農家で搾られた生乳が一括で出荷、商品化される従来型のシステムとは違って、自分たちが生産した生乳が消費者に届いているという実感をいっそう強く得られます。それはスタッフにとっても大きなやりがいですし、仕事に対する責任感にもつながっていくんです」

代表者からのメッセージ

経験がなくても、作業そのものは次第にできるようになります。
大事なのは、牛の生命に責任を持つこと。牛もスタッフも、気持ちよく働ける環境を目指しています。
2006年の法人化を機に社会保障制度を充実、フリーバーン牛舎(放し飼い形式の牛舎)を建設し、最新のパーラーシステムを導入しました。

企業・団体の魅力
  • 生命の大切さを学べる場
  • 未経験者でも問題なし
  • 最新の機械を導入し、仕事を効率的に
  • 酪農家としての先駆的な取り組み
  • 限られた酪農家のみの生乳を使った商品の販売

スタッフからもひと言

札幌出身です。動物が大好きで、この仕事を選びました。個性的な牛たちの表情が、とても可愛いです!プライベートでは、十勝の風景やおいしい食を楽しんでいます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP