ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 畑や山々が望める恵まれた環境の中で働け 家にいる感覚で自由に過ごせる介護老人保健施設
【介護老人保健施設 もみじの里(社会福祉法人 鹿追恵愛会)/鹿追町】

畑や山々が望める恵まれた環境の中で働け 家にいる感覚で自由に過ごせる介護老人保健施設
【介護老人保健施設 もみじの里(社会福祉法人 鹿追恵愛会)/鹿追町】

掲載年月:2016年3月

介護老人保健施設 もみじの里(社会福祉法人 鹿追恵愛会)

企業・団体のビジョンやミッション

少人数ユニットごとに自分のペースで過ごすことができる施設

10~12人の少人数ユニットごとに生活しているのが特徴的。居室は個室になっているが、談話室や食堂があり、ユニット内の仲間と交流することもできます。入浴やトイレの時間などは特に決まっておらず、利用者のペースで気兼ねなく過ごすことが可能。スタッフと一緒に散歩をしたり、部屋に備え付けられたウッドデッキで日なたぼっこをしたり、それぞれの時間を楽しんでいます。「施設っぽくない雰囲気」の中でアットホームに働くことができる場所です。

アイデアとヒラメキで利用者の笑顔を作ります

「できるだけ利用者の希望に応えていきたい」というのがスタッフ共通の思い。散歩に行きたい、買い物に行きたいというリクエストに柔軟に応えることができるよう心掛けています。そのためひとつのユニットを担当するスタッフの数は比較的多いのだそう。利用者のためになることを最優先にするという価値観が共有されているのです。行事や外出はユニット単位で行わることが多いそう。会議でおおまかな内容は決められるものの、その時の状況や雰囲気をより大切にしており、天気がいい時には予定を変更してソフトクリームを食べに行くなど、利用者が楽しめることを最優先に考えています。そのような柔軟な対応ができることは、スタッフのやりがいにもつながっています。

代表者からのメッセージ

もみじの里の最大の特徴は、ご利用者様一人ひとりの生活空間を大切にした全室個室のユニット型の建物にあります。木のぬくもりや珪藻土の土壁を最大限に建物に取り入れ、あたたかな雰囲気の中で生活していただけるように工夫を凝らしています。そしてご利用者様が「その人らしく」ごく普通の生活が過ごせるようにユニットケア(個別ケア)を行っております。

企業・団体の魅力

・鹿追町の市街地に立地しているが、広々とした敷地の中にあり、畑や山などの自然を望みながら働ける場所。

・利用者に対し十分な人数のスタッフが付いているのが特徴。「利用者の笑顔を作る」ことが最優先されています。

・スタッフどうしが助け合う風土ができており、子育て中のスタッフをみんなでフォローするなどの社風が自然とできあがっています。

スタッフからもひと言

利用者の人たちが自由に過ごしているのが印象的ですね。自分が年齢を重ねたときにここに入所したいと思えるような職場です。家庭的な雰囲気で、施設という感じがしないのが良い所だと思います。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP