ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 馬は理想のセラピスト 馬産地が切り開く馬の新たな可能性
【一般財団法人 ホースコミュニティ/浦河町】

馬は理想のセラピスト 馬産地が切り開く馬の新たな可能性
【一般財団法人 ホースコミュニティ/浦河町】

掲載年月:2016年3月

一般財団法人 ホースコミュニティ

企業・団体のビジョンやミッション

馬は理想のセラピスト

一般財団法人ホースコミュニティ(本部:滋賀県)では馬を介在したノーマライゼーションの実現を理念に掲げ、ホースセラピーの普及活動に取り組んでいます。

浦河町では同財団が行政から委託を受け、障がい児・者や高齢者を対象とした「乗馬療育」(ホースセラピー)を提供しています。日本ではまだあまり一般的ではない乗馬療育ですが、欧米では保険が適用される医療として広く普及しています。アニマルセラピーの中でも回復効果が著しく高い乗馬療育。馬に乗ることで姿勢を維持したり、バランスをとることで平衡感覚の改善をしたり、関節機能の回復や筋肉の訓練をできたりと、動物に「触れ合う」だけではなく「乗る」ことができる乗馬療育は精神だけでなく身体の回復に繋がるといいます。

全国でも先駆的なホースセラピーの取り組み

浦河町では高齢者の介護予防や障がい児・者が受けるための支援施策も提供。国内ではまだ浸透していない乗馬療育を公共のサービスとして提供していることは馬産地ならではの取り組みといえます。さらに同財団では社会福祉士と理学療法士が常駐。乗馬療育の実践と医学的な効果検証を大学や研究機関と連携して行っています。
このように全国でも先駆的な同財団の取り組み。
今後、欧米のような医療としての乗馬療育の普及、そしてギャンブルでもレジャーでもない馬の新たな可能性を切り開いていくことが期待されます。

代表者からのメッセージ

私が調教師として携わる競馬の世界では早く走る馬のみが評価されますが、人の心身を癒す「乗馬療育」ではそうではありません。走ることができなくなった馬、競馬では活躍できなかった馬にも新たな生きる道が拓かれる可能性があります。乗馬療育の普及によって多くの人が馬に癒され救われる、そんな社会をつくりたいと考えています。

企業・団体の魅力

・2歳から90歳代までと幅広い年齢、障害の方を受け入れてます。
・社会福祉士、理学療法士が常駐。現場の知見に基づいた研究・効果検証も行っています。

地域で行っている活動

・乗馬療育の利用者や地域の医師、行政機関らで結成されたうらかわ乗馬療育ネットワークの中心団体として活動。
シンポジウムの開催や研修生の受け入れなどを行っています。
http://urakawa-joba.net/

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP