ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地域をデザインする、地元の元気をクリエイトする企業
【株式会社 プリオンデ/江別市】

地域をデザインする、地元の元気をクリエイトする企業
【株式会社 プリオンデ/江別市】

掲載年月:2016年12月

株式会社 プリオンデ

企業・団体のビジョンやミッション

紙のデザインから、Webへ、ソーシャルへ、そして地域と人と人の取り組みのデザインへ

商業広告のデザインや、名刺・ハガキ・DMといったビジネスツールの印刷物などを手がけることから実績を積み重ねてきました。時代と共に、事業ミッションも緩やかに変化をさせていく過程で、地域や地域のみなさんの活動を支援するような事業への派生は自然なことでした。大きな会社ではないから、小回りの効く活動をしよう。行政事業の仕事も受けていけるけれど、行政の力では対応できない小さな活動も支援していこう。それがやがて、自分たちの住む北海道の元気につながり、その元気な活動を支援していくことで事業を継続していける土俵につながるから─。そう考えながら企業運営をしています。

人が集うプロセスのデザイン。人が興味を惹くWeb上のデザイン

地元のために事を成そうとする人がいます。ある業界で専門性に長けた人がいます。例えばそんな二人が出会ったら、新しい何かが産まれます。その「何か」に賛同する人をたくさん募ることができたら、それは地域への大きな力になります。そういったプロセスのデザイン、目的を多くの人に発信するデザイン。そんなビジュアルだけにとらわれない弊社の取り組みが、少しずつ知っていただけるようになってきています。地域の飲食店に有識者を招き、外から見た考えや専門的な話を地元の人に聞いて貰ったり、地域の情報を札幌のデジタルサイネージで発信したり、SNSやゲームを活用したりなど、新しいことを数多く仕掛けています。

代表者からのメッセージ

弊社では、地域に関わる仕事においては、「まず、自分がやってみて楽しいと思えるか」ということをとても大事にしています。継続していくのには、自らが楽しいと思えないとうまくいかないことを知っているからです。
これからも地域を元気にする多くのプロジェクトに関わっていきたいと考えていますので、多くの地域のみなさんや、チームのみなさんを増やしながら、北海道のために頑張っていきたいと考えています。
もしご縁があって、弊社に関わることがあったなら、やってみたいことを大切に、そして多くの方と関わることを喜びに感じてもらえる方と仕事が出来たらいいなと思っています。
(取締役 山崎 啓太郎)

企業・団体の魅力

・EBETSU SECOND PROJECTを推進しています。事業所がある江別が大好きな私たちですので、札幌への動画コンテンツ配信、SNSやブログを使った情報発信、さまざまなイベントの仕掛けを行っています。行政がファーストの動きで、私たちはその下の階層でセカンド。そこから命名されています。
・有名ゲーマーを誘致した酪農学園大学でのイベント中継では、ネットで全国約4万人に閲覧されました。
・協力隊の協力隊。地域おこし協力隊が全道にたくさん活躍していますが、私たちの会社では、その協力隊みなさんをバックアップしていく宣言をし、情報共有や課題の吸い上げなどを実施しています。
・某モンスターを外で捕獲するゲームを、ゲームのサービスインから間もなく江別市で開催。多くの賑わいを商店街などでつくりだしました。

ローカルワークコーディネーターからもひと言

プリオンデさんは、他にも商店街を活性化させる小冊子のデザインなども手がけており、地域おこし、まちづくりに関するノウハウを多くお持ちです。また、お若い方が多い会社ですので、発想も斬新。もちろん本業はデザイン会社さんですので、さまざまな商用印刷ニーズにも対応できます。また、人に対する想いも深い会社ですから、多くの方に接点をもってもらいたいと感じました。
(札幌エリア ローカルワークコーディネーター 三浦智昭)

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP