ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「甘味求心」本当にうまいもの・甘いものを追求し続ける
【株式会社 壷屋総本店/旭川市】

「甘味求心」本当にうまいもの・甘いものを追求し続ける
【株式会社 壷屋総本店/旭川市】

掲載年月:2017年2月

株式会社 壷屋総本店

  • 住所:旭川市忠和5条6丁目5番3号
  • 代表者名:代表取締役社長 村本 定範
  • 電話:0166−61−1234
  • URL:https://www.tsuboya.net/

企業・団体のビジョンやミッション

企業理念は「甘味求心」

甘味とは「感味」「甘味」、求真とは「求め続ける真実の心」を意味します。古くには、うまいものは甘いものと同義語の様にされておりました。ただ甘いものを求め続けるのではなく、その素材のうまさ(甘さ)を吟味し、本当にうまいものを求め続ける心を表した言葉「甘味求真」Nice taste Nice talk。そして、美味しいものを食べる事からコミュニケーション・だんらんへとつながる事を最大の喜びと考えております。当社はこの言葉を経営理念として、社員一人ひとりがこの言葉の意味をとらえ、ひとつひとつのお菓子に込められた思いがお客様に伝わることを願って日々研鑽しております。

素材へのこだわり

自然の恵みの宝庫「北海道」。この大地で育まれた季節の素材にこだわり、そして製法にこだわる。壺屋がお菓子づくりのテーマのひとつにしている「北の風土」を日々生みだしています。北の大地の恵みを美味しいお菓子につくりあげるため、そして消費者に安心していただける商品づくりを目指して、当社では一部商品に生産者の見える素材を使用しております。

代表者からのメッセージ

時代がどのように変化し、人々の価値観がどのように多様化しても「おいしいものに出会ったとき」に人は誰しもがしあわせを感じるものです。これからも人々はそのめぐりあいを重ね、おいしいものとの出会いを待っています。そうした期待とよろこびに応えつづけていくことが当社の基本姿勢です。
いつの世にもお菓子は人の生活により添いながら楽しさを与えつづけてきたもの。すなわち、おいしいお菓子をつくりだすことは人々のしあわせに貢献することだと壺屋は考えます。

企業・団体の魅力

・き花は発売から34年になり、モンドセレクションは日本最多受賞を更新中。

・新店舗「き花の杜」では工場見学、お菓子づくり体験等もでき、地元のお酒やクラフトなど旭川の情報を発信しております。

スタッフからもひと言

2014年、旭川・南6条通りにオープンした新店「き花の杜」では“周年祭”・“工場祭”と定期的にイベントを行っております。ご家族で楽しんで頂ける企画と食べ物盛りだくさんでお待ちしておりますので是非ご来場下さいませ!

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP