ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「畑からHAPPY発信!」十勝めむろの廣田農園
【廣田農園/芽室町】

「畑からHAPPY発信!」十勝めむろの廣田農園
【廣田農園/芽室町】

掲載年月:2017年2月

廣田農園

企業・団体のビジョンやミッション

食と農の魅力を畑から発信します!

消費者から生産者へと新規で参入した者だからこそ、発見できること、感動することがあります。日々の環境変化に適応し生きる植物の姿、季節によって変化する味わい。そして、畑に生きる微生物や虫、小動物のたくましさと大切さ。土の中に広がる豊かな世界。
そんな農の豊かさや歓び、楽しさを共有して、コミュニティのように、多くの方と地域と食と農を大切にしたいと思っています。その場の一つとして、2018年から畑の中の直売所「畑の駅」を始めました。一緒に畑の中で季節を感じ、野菜を手にするからこそ、共感することがあります。
収穫体験の他、畑の音楽会、写真絵本読み聞かせなどイベントも開催しました。これからも様々なかたちで食と農の魅力を発信します。

 

最新情報をフェイスブックやインスタグラム、ブログでも発信しています。
FB→https://m.facebook.com/Hirotanoen/
INSTA→https://www.instagram.com/hirotanoen/
BLOG→http://hirotanoen.blog.enjoy.jp/

ラジオでも発信中!

「地域の活性化は、住民の活性化から。住民の活性化とは、住民の発信力を高めること。」また、「農業の活性化は農民の活性化、すなわち農民の発信力を高めること」をモットーに、食と農の魅力を帯広・十勝のコミュニティラジオであるFMウィングにて番組をもち、さまざまなゲストをお迎えしながら発信しています。
(毎週木曜11時から「由美の食べた〜い、十勝!+」放送中。ネット「リスラジ」でも聴けます。 FB→https://m.facebook.com/tabetoka/
主体的に活動する人にスポットライトを当て、その方の活動、食と農の良さや活躍を伝えていくことで、さらに輝き、地域全体としても活気づき、雰囲気も良くなり、自分自身も元気をもらえると考えています。微力ながら発信力ある住民であり農民たるべく、日々精進しています。

生き物の力で土を豊かにする自然共生型農業

野菜は虫や植物、微生物、自然がつくる栄養で野菜を育てたいと考えています。農薬や化学肥料は使わず、できるだけ畑からの持ち出しを少なくし、入れるのは必要最小限度の北海道産米ぬかやホタテの貝殻など、自然ものにしています(牛糞、馬糞堆肥は不使用)。
品種も、肥料要求量の高い品種でなく、少ない肥料で健康に育つ種、自然の力で元気に育つ在来種を選択しています。また、植物同士の助け合い、コンパニオンプランツによる環境づくりも意識しています。

小さくバリエーション豊かな外的環境

畑は三角形をした傾斜地になっています。そのため、場所によって高低差があり、土質や風当たり、水分量が違います。また三角畑の2辺には木が生えており、1辺は大きな道路に面していて、日照も違います。それぞれの特性をつかみ、その場に適した作物を植えることによって、ストレスを減らし、本来持っている力を発揮してもらえると考えています。自然の力で健康に育つように、適地適作を心がけています。

代表者からのメッセージ

東日本大震災を機に、改めて生き方を見直し、自分には何ができるのかを考えました。できるだけ依存を減らし、自分でできることを増やすことを考えたときに、食と農の大切さに気づきました。
人の命を支える食。その食の元となる農業。
小規模農家として農業を始めた私達が支えられる食は、ほんの少しではありますが、素人から農業者になった立場だからこそ、農業のすべてが新鮮で、気づけること、感じること、伝えられることがあると思っています。
農業者の個性いろいろ、農法もいろいろ。農法や規模、様々な面での多様性の豊かさが、日本の農業の豊かさにつながると思っています。

企業・団体の魅力

小さな農家であるため、細かな作付けができます。いろいろな種類の野菜を少しずつ、栽培し、直売所での販売の他、旬の野菜達がつまった野菜セットの発送もできます。
乾燥野菜(ケール、にんにく、長ネギなど)をつくり、地産地消しにくい冬場にも少量であっても地域の野菜をお届けします。乾燥野菜を自然塩とブレンドし、ハーブソルトならぬ、ケールソルトや乾燥長ネギと塩のネギ塩、トマト塩などもあります。ハーブティー、とうもろこし茶、黒千石茶といったお茶もあります。心を込めて、小規模加工をして、楽しく、美味しいものをコツコツお届けしていきたいと思います。

 

地域で行っている活動

人の暮らしを支え、安らぎや豊かさを与える地域社会。地域に密着した職業、農業。農業者として温かく迎え入れてくれた、この地域の方々に「新規の農業者を入れて良かった。また新たな人を迎えよう。」と思ってもらえるように、できるかぎり尽力していきたいと思っています。
地域での個の魅力のかけ算により、無限に魅力のある活動ができると思います。人と人のホットライン、心の繋がるもの同士の全く自主的な、主体的な個同士のセッションをしながら、みなさんに美味しく楽しい時間をお届けします。
具体的には商品開発であったり、イベントや商品開発を行っています。カフェと寿司職人と友人農園とコラボしての、ベジ寿司ランチ、ディナーイベントのほか、地域のベーカリーとコラボして芽室産小麦と廣田農園のケールパンを地域の店舗で発売。地域の方に楽しんでもらえる機会をこれからも積極的につくりたいと考えています。
また、お客様との交流の場である対面販売の機会も大切にしており、これまでに芽室、帯広、札幌にて、マルシェに出店しています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP