ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME カラダとココロが元気になる野菜
【株式会社 永沼農園(カフェ リン・フォレスト)/赤井川村】

カラダとココロが元気になる野菜
【株式会社 永沼農園(カフェ リン・フォレスト)/赤井川村】

掲載年月:2017年2月

株式会社 永沼農園

企業・団体のビジョンやミッション

健康な作物は健康な土から生まれる

健康な土づくりを基本に、化学肥料や農薬を最小限に抑えた栽培技術の試行を積み重ねながら、各種野菜を育てています。北海道有機認証協会の有機JAS認証を受けたアスパラやブルーベリーは、盆地特有の昼夜の寒暖差により「甘く美味しい」と評判です。

2012年にオープンしたカフェ「リン・フォレスト」は、木調の落ち着いた店内で、自家製かぼちゃや地物ミルクを使った手作りスイーツを販売しています。2Fはシンプルだけどおしゃれなカフェスペースで、カレーやピザなどのランチメニューもあります。建物もセルフビルド、材料の野菜や果物を育てるところから一貫して手作り、自分たちが納得のいく味と農園の物語をお客さまに伝えて、喜んでいただくことが目標です。

代表者からのメッセージ

私は小さい時から農家、漁師、大工に憧れていました。埼玉県出身ですが、21歳のとき日本中を放浪して北海道に魅せられました。
24歳の時アジア各国を旅し農業の重要性を再確認、帰国後農業への夢を募らせ28歳の時結婚を機に北海道へ移住しました。
最近は趣味の釣りやバンド活動もできないくらい忙しい日々ですが、ここには外で身体を動かした後に食べ物がうまいと実感する暮らしがあります。決して儲かるわけではないけれど、その喜びと自信が仕事への原動力となっています。この楽しさをもっと人に共感してもらい、畑の一員となってくれるような人育てにも力を入れたいですね。

企業・団体の魅力

思いを込めて丁寧に手作りしたものを手頃な価格で提供し、みんなに褒めてもらう幸せと充実感のある仕事です。
農作業を通じて学生やスポーツ選手などいろいろな人に出会え、学びあえるチャンスも魅力のひとつです。

スタッフからもひと言 

カフェの手作りスイーツは自家製野菜を使っていますが、品種や収穫時期などにあわせて変わる味を絶妙にブレンドしながら、余計なものは一切加えずに素材の味を生かしたレシピを編み出しました。子どもからお年寄りまで満足してもらえる味だと自信を持っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP