ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 自然に寄り添いながら、暮らしの一部として野菜・果樹を栽培
【HAPPY PLACE/島牧村】

自然に寄り添いながら、暮らしの一部として野菜・果樹を栽培
【HAPPY PLACE/島牧村】

掲載年月:2017年2月

HAPPY PLACE

企業・団体のビジョンやミッション

2016年春、山も海も近い「島牧(しままき)村」に移住

HAPPY PLACEは、新規開拓就農者として、2012年より日本海沿岸の寿都町でミニトマトのハウス栽培をメインに、野菜を栽培してきました。
2016年には山からの清らかな水がふんだんにある島牧村に拠点を移し、無農薬・無化学肥料による栽培を実践しています。目指しているのは、土壌の微生物を活性化させるための微生物(発酵)資材や、海の恵みでもある貝殻や海藻を砕いたもの、ごくごく微量の海水などを使って土づくりを行うなど、自然の力を最大限に生かした農業です。

自然と共生しながら、理想の農業を目指す

私たちは、身の丈にあった暮らしをしつつ、外国人ボランティアとの異文化交流を楽しみながら大地を耕しています。
未来へ向けたミッションは「海、川、山を汚さない栽培方法での安心安全な野菜・加工品づくり」「自然や地域の魅力、食文化を通しての異文化交流」「100年後に残したい海の畑、山の畑づくり」の3つ。ゆっくりと、しかし確実に一つひとつ達成していきたいと考えています。

代表者からのメッセージ

私達は先の見えない最高に面白い激動の時代に生きています。ここは静かで居心地の良い環境ですので集中力が高まり、私達にとって最高にクリエイティブな環境です。そして田舎暮らしの不便さより、多くの豊かさをこの地域から感じます。
あなたの好きな事が自然に触れ、土に触れ生活していくことならば、ここは宝の山があふれている楽園になるでしょう。
海、山、川、しままきの四季、、、ぜひ感じてください。

企業・団体の魅力

無農薬・無化学肥料で育てたミニトマトと中玉トマトのみを使用した「潮風のトマトジュース」と、セミドライの干し加減に仕上げた「潮風のドライトマト」は、どちらも大好評です。
また、WWOOFのホストとしてウーファーさんを受入れていますので、たくさんの海外の方々がお手伝いに来てくれます。彼らとの交流が、大きな喜びにもなっています。
2018年は、雪解けと共に、新しいビニールハウスを移築し、そこでミニトマトの栽培をする予定です。ハウス栽培を一から学びたい方は、実践を通して学ぶチャンスです。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP