ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 十勝世界一プロジェクト、十勝の商品ブランド開発、十勝の飲食店再生・・・大好きな十勝でチャレンジ!
【M design produce/帯広市】

十勝世界一プロジェクト、十勝の商品ブランド開発、十勝の飲食店再生・・・大好きな十勝でチャレンジ!
【M design produce/帯広市】

掲載年月:2017年3月

M design produce

企業・団体のビジョンやミッション

本質的な課題解決につながるデザイン・プロデュースを

本業は、会社ロゴ、チラシ、商品パッケージ、名刺などのデザイン業務を行っています。しかし、デザイン業務はあくまで一部であり実際にはプロデュースの仕事がメイン。
過去には十勝食材を味わうビストロの飲食店プロデュースも担当しました。最初の依頼は「お店のリーフレットを作りたい」というデザイン業務の依頼でしたが、店主の話を深く聴いていくと、リーフレットを作るだけではお店の根本の課題解決(売上向上)にはならないこと、店主が「この店をどうにかしたい」という強い覚悟と理想を持っていることがわかりました。そこで、思い切ってそれまでの高級ビストロ路線から十勝食材をふんだんに使用したカジュアルなビストロ路線への方向転換を提案しました。事業計画、収支計算、メニュー構成、内装、制服、販促物に至るまでトータルでのプロデュースを行いました。リニューアルオープン後も客足は順調に伸び売上も好調ですが、それは店主の強い意志があったからこそ。
デザインを良くすればすぐに売れる、楽に売れるという訳ではありません。売るためには、デザイン性も含めたクライアント様の様々な努力の積み重ねが必要。そんな意思と情熱のあるクライアント様と深く本音で対話を重ねながら、一生懸命によいものを作りたいと考えています。

底辺が動くと、十勝全体が動く

2009年にフリーランスのデザイナーとして独立し、丸8年フリーランスとして活動してきました。最初はとにかく稼がなければとあらゆる仕事を受け続け、何度も失敗をしました。クライアント様との対話から相手のことを深く考え・知ること、クライアント様の本質的な課題まで深堀していくというスタイルもこの期間に身に着いたものです。
私が常に思っているのは「底辺で頑張りたい」ということ。底辺というと聞こえは悪いかもしれないけれど、これから上に登ろうと意欲・情熱がある一方で困っている人達。そういう人達はピュアで一生懸命で、素直。彼らが動くと十勝地域全体が動き出す、そういう可能性も持っている。そんな人達と十勝全体を自分達の手で面白く、動かしていけたらと思っています。

人脈・資金ゼロの女が挑んだギネス記録「十勝世界一プロジェクト」

数年前から十勝を題材にギネスワールドレコーズに挑戦する「十勝世界一プロジェクト」を仕掛けてきました。きっかけは「(私が)世界一になりたい」と思ったことです。しかし、一人で出来て、かつ世界一を獲れることなんて全く無い。そんな時に、十勝の老舗パン屋満寿屋さんが主催するパン教室で「十勝は小麦の生産地なのに、十勝小麦は知られていない」という話を聞き、これだ!と思いました。「十勝の小麦を世界に知ってもらいたい。そのために、十勝小麦を使ったパンで世界一大きなトーストアートに挑戦し、ギネス記録を獲る」という企画を考え相談したところ、満寿屋さん、小麦農家の前田農産さんにご協力をいただき、企画実施が決定!トーストアート製作当日はのべ150名以上の方が集まり、11m×15mの大きな依田勉三のトーストアートが完成しました。
人脈も資金もゼロだった私がこの企画にチャレンジできたのは沢山の方のおかげ。そしてそこで出会った業種も年齢も違う人同士が仲良くなっていく姿を見て、「十勝」で世界一をとることは目的ではないこと、みんなが繋がり仲良くなることで大好きな「十勝」がもっと元気になるという確信が持てました。トーストアートは無事ギネス認定され、その後も世界一を狙いまくりました。世界一長い顔はめ、世界一大きい豆アート、世界一多いてるてる坊主、世界一多いフローズンパンツでギネス認定に挑戦し続け、現在4つのギネス記録を持っています。

代表者からのメッセージ

私が十勝で色々なことを仕掛けている理由は、とにかく十勝が好きで、十勝で暮らし続けたいと思っているから。この土地の人達が好きで、十勝のあちらこちらに好きな人がいます。私は面倒な人間なので嫌いな人も多いのですが、そんな私が好きだと思える人達がこんなに沢山いる地域って、すごくいい人達の集まりなのではないかと思うのです。格好つけなくていい、賢くなくたっていい、でもちゃんと人として大事なことはわかっている。そういう人達がいる十勝が好きです。
ただ、手放しでオススメしたいとは思いません。冬は寒いし、人は少ないし、思うようにうまくいかないことだってもちろんあります。夢はあってもなかなか行動できない人には生きづらい田舎かもしれません。でも夢があってチャレンジしたい人、行動力のある人にはオススメです。スタートを切りやすい場所だと思います。

企業・団体の魅力

M design produce のその他の活動

■十勝の商品ブランド「moritoki(森と木)」

十勝を発信するお土産の商品ブランドを立ち上げています。牛のマスキングテープやチーズをモチーフにしたピアスなどを十勝管内の各店舗や通販サイトで販売中。
http://moritoki.theshop.jp/

■十勝の観光を考える会
「十勝の観光について人にオススメする前に、まずは自分達が知ろう!」を目的として場作りを行いました。十勝の観光に携わる人やこれから観光事業を始めたいという方がつながる場を月1回定例で開催中。

チーム SAISEI

異業種メンバーで構成され、不動産・地域・企業などあらゆるものを再生(SAISEI)するクリエイティブチーム。過去には十勝管内の百貨店の空きテナントを活用した1週間のチャレンジショップ「自由荘」や、とかちを音楽と映像で伝える「とかちHappy song project」などの企画・運営を行いました。
https://www.facebook.com/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0saisei-1079398735434938/

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP