ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「幸せな豚」を育てることが、美味しさにつながる ~北海道十勝の大自然の放牧豚「どろぶた」を育てるエルパソ牧場~
【株式会社 エルパソ/帯広市】

「幸せな豚」を育てることが、美味しさにつながる ~北海道十勝の大自然の放牧豚「どろぶた」を育てるエルパソ牧場~
【株式会社 エルパソ/帯広市】

掲載年月:2017年3月

株式会社 エルパソ

  • 住所:・本社所在地 帯広市西16条南6丁目13番地20 ・エルパソ牧場所在地 幕別町忠類中当45番地1
  • 代表者名:平林 英明
  • 電話:0155-34-3493(8:00~17:00)
  • Email:inf@elpaso.co.jp
  • URL:http://elpaso.jp/

企業・団体のビジョンやミッション

幸せな豚を育てることが、「美味しさ」につながる

私たち株式会社エルパソは、北海道十勝の大自然の中で放牧豚の牧場を営んでいます。お客様に安心安全で美味しい豚肉を届けたいと考えた時に、「豚が元気で幸せであること」が重要だと考えました。「この豚たちは、本当に健康なのか?」 

「ストレスを感じていないのか?」

「本当に幸せなのだろうか?」

こんな疑問から今から約10年以上も前(2005年)からストレスを極力抑える方法として、豚を豚舎ではなく、自由に動ける広大な土地に放牧して育てることを決めました。夏は30℃を越え、冬は-30℃近くまで気温が下がる環境。四季の移り変わりを感じる30haもの広大な森、空気が美味しく、水が美味しい、そんな十勝の大自然が育んだ放牧豚「どろぶた」は大地の香りがする元気いっぱいの味に成長します。

よく遊び、よく食べ、よく寝るオリジナルブランド豚「どろぶた」の飼育・加工

株式会社エルパソではオリジナルブランド豚「どろぶた」を飼育しています。十勝の広大な大地でのびのびと育てられた放牧豚の「どろぶた」は、放牧によりストレスを減らし、木の実や自然の土に含まれるミネラルなどの栄養分をたくさん摂取しながら、通常の放牧豚より2ケ月も長い8ケ月間飼育することでより大きく成長します。

「どろぶた」達はその名の由来どおり、どろんこ遊びが大好き。また、ビタミンとミネラルを含んだ土は大切な栄養源であり、彼らは天然の土を食べることで豚特有の臭みを大幅に抑え、品質がよく健康的な美味しさ溢れる豚肉に育ちます。

肥育した豚は自社工場での加工、自社で所有しているレストランへの提供、そして独自の直売ルートにより、無駄を出すことなく消費することができます。

世界一の牧場を目指して

私たちは当牧場を、夢と情熱を持って発展させたいと考えています。株式会社エルパソはレストラン経営から始まり、ソーセージの加工、ソーセージの原料となる放牧養豚と事業を発展させてきました。物事にはいつもどこかに「隙間」があります。今あるものは完璧ではなく、何かが足りない。その都度生まれる「隙間」に気づき、どうしたらそれを埋められるのかを考え、理想の未来に向けて情熱を持って取り組む姿勢を持ち続けた結果が、今の株式会社エルパソです。

「幸せな豚を育て、お客様に安心で美味しい豚肉を提供したい」

この信念を持ちながら、私たちは当牧場を世界一の牧場にしたいと考えています。

動物も人も幸せに生きる「アニマルウェルフェア」の啓蒙

欧州では畜産動物がストレスから解放され健康的な生活ができる状態を指す「アニマルウェルフェア」という考え方が急速に広まっています。欧州では「家畜は単なる農畜産物ではなく、感受性のある生命存在」として定義され、EUでは鶏のケージ飼いが禁止されるなどの動きも起きています。日本ではアニマルウェルフェアの認知度はそれほど高くはありませんが、潜在的な関心の広がりは見られています。

家畜は人と共生する生命体。家畜の自由な行動をできる限り認め、ストレスから解放する飼い方を広めたい、人も動物も”満たされて Wel 生きているFare“状態を目指したい。

私たちは「アニマルウェルフェア・フード・コミュニティ・ジャパン(AWFC・JAPAN)」のメンバーとして「アニマルウェルフェア」を推奨していきます。

代表者からのメッセージ

豚飼いは「夢」と「想い」が大事です。「夢」と「想い」がないと、良いものは作れません。

「幸せな豚を飼いたい」

「もっと良い牧場にしたい」

我々は豚に愛情を注ぎ、夢と情熱を持って取り組める発展志向の方を求めています。経験は一切問いません。

当社で働くために必要なのは“豚への愛情”と“養豚への情熱”です。この二つを持っている方、ぜひ一緒に当社で「どろぶた」を育て、多くの人に「どろぶた」を広めていきませんか?そして一緒に、エルパソ牧場を世界一の牧場にしましょう。皆さまからのご応募おまちしております。

企業・団体の魅力

オリジナルブランド豚の6次産業化、養豚~加工~出荷まで一元管理

当社の魅力は、放牧豚の養豚だけでなく、牧場に併設されたエルパソ工場を中心に加工出荷まで全て自社で行う環境が整っていることです。商品はスライス肉だけでなく、ソーセージや生ハムなどの加工や、地場企業と連携したその他の商品開発も積極的に行っています。こだわりの「どろぶた」造りとその魅力を皆様に伝えていくべく環境をそろえております。

地域で行っている活動

エルパソ牧場が位置するのは、幕別町忠類地区という人口1600人以下の集落です。人口は少ない集落ですが、このコミュニティサイズこそお互いの顔が見える安心感があり、人々が幸せに暮らせる規模ではないかと考えています。この地域に貢献したいと考え、地区の小学生と高齢者がつながり元気でいられるまちづくり会議の主催・運営、地域特産品の開発などを積極的に行っています。この美しい地区が長く将来にわたって存続してほしいと願い、できる限りの貢献をしていきます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP