ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME せたな近海で水揚げされる魚介類を中心に、安全でより美味しい食品を提供
【有限会社 マーレ旭丸/せたな町】

せたな近海で水揚げされる魚介類を中心に、安全でより美味しい食品を提供
【有限会社 マーレ旭丸/せたな町】

掲載年月:2017年3月

有限会社 マーレ旭丸

企業・団体のビジョンやミッション

新鮮な魚と、郷土料理をお届け

生産者と消費者の利益を最優先に企画から販売を行い、食べものが本来持っている魅力や、食のあり方・真の豊かさなどを消費者と一緒に問い続けたいと考えています。

マーレ旭丸では、漁獲した新鮮な素材を素早く加工して商品にしています。よりよい商品を皆様に提供できるよう日々研究を重ねています。30年以上前から6次産業化を実践しており、皆様に喜んでもらえる商品作りと販売を心がけています。

全国の北海道物産店でお客さまとの接点づくり

全国の百貨店で開催される北海道物産展には、20年ほど前にTVに出たことをきっかけに声がかかるようになりました。お客さまと対話しながら、せたな町に昔からある郷土料理を届けることができています。

1~3月(エビ漁)、6~8月(夏イカ漁・うに漁)、11~12月(戻りイカ漁)は船で漁にでていて、船を動かさない4,5月と9,10月は、全国の物産展に足を運んでいます。年間を通じて常に全力で取り組んでいます。

昔は年間30件以上の物産展をまわっていましたが、現在は費用対効果を考え20件程度にしています。数は減っても、直接お客さんと接する場所に身を置いて、お客さんに喜んでいただける本物の商品をお届けしています。

代表者からのメッセージ

自分で作ったものを直接消費者に届けることによって、生産意欲がものすごくUPしました。食べて頂く人の顔が見えると、漁をしている時から消費者を意識するようになります。

また、魚の扱いも変わってきました。産地市場に魚を納めるだけでは、市場しか意識しません。しかし、良い状態で鮮度保持したものが喜んで食べてもらえていることを実感することで、やりがいを感じます。

企業・団体の魅力

せたな近海で水揚げされる魚介類を中心に、安全でおいしい商品を提供しております。
主な商品には、活いかそうめん、海鮮しゃぶしゃぶ、漁師のイカめし、干し珍味、たこぼっちん、活〆浜ゆでタコ、さくらいかなどがあります。その中でもロングセラーの人気商品は「海鮮しゃぶしゃぶ」になります。また、物産展ではせたな町に昔からある郷土料理の「いかめし」が大人気です。いかが原料不足となった現在は、海老の新商品開発にも取り組んでいます。

地域で行っている活動

マーレ旭丸の代表を務める西田社長のもう一つの顔が、スローフード・フレンズ北海道サブリーダーです。その取り組みとして、毎年「せたな海フィール」のイベントを行っています。地域の生産者や役場、住民と連携してイベントを作っていきます。スローフードって良いねと思ってくれる人が身近に増えていくことを強く望んで、参加者が手を差し伸べあって楽しみあう、皆が主役になれるイベントです。
音楽と一緒に、地域の仲間たちが生産した農産物や水産物や協力シェフが料理したおいしい料理も楽しめます。

また、最近では単独の6次化ではなく、町ぐるみで様々なジャンルの人達を構成メンバーとした「6次化産業推進協議会」を立ち上げ奮闘中です。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP