ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME なまらウマい野菜はいかが?
【なまら十勝野/芽室町】

なまらウマい野菜はいかが?
【なまら十勝野/芽室町】

掲載年月:2017年3月

株式会社 なまら十勝野

企業・団体のビジョンやミッション

あなたと「食」の架け橋となり、未来に繋ぐ「職」にする

北海道芽室町の生産者グループが育てた最高の野菜です。

北海道十勝の雄大で厳しい自然。微生物を活用した豊かで健康な土壌。天候や気温の変化など日々の状況に合わせた栽培管理で野菜本来の力を引き出した最高に美味しく健康な野菜です。

なまら十勝野の理念〜受け継がれた生命の誇りを未来に繋ぐ。すべての仲間と認め合い世界を笑顔にする。

私達の“今”があるのは、先人たちが全力で繋いでくれたからこそ。その想い、素晴らしい土壌、誇りある農業そのものを次世代へと繋いでいきたい。そして農業を通じ感謝し合い、認め合い、応援し合える心を発信していきたい。

それが、私たちの理念です。

なまら十勝野の当たり前基準〜安心、安全、美味しいを当たり前にする

安心して食べてほしいから、私たちの活動や想いを積極的に発信します。

安全を“見える化”するため、メンバー全員がJGAP(食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証)を取得するようにすすめています。

美味しくて健康な野菜作りのために、微生物が活性化する土づくりを。

自然のサイクルを生かせば農薬は必要最小限度に抑えられます(一部の野菜は特別栽培基準を満たしています)。

安心も安全も美味しさも、当たり前に。それがなまら十勝野ブランドです。

代表者からのメッセージ

北海道めむろから本物のうまい!をお届けします。

企業・団体の魅力

「なまらうまい野菜を全国に届けたい」そんな想いで集まった北海道芽室町の13軒の農家。“なまら”は北海道弁で“とても”という意味。美味しくて栄養たっぷりな野菜を作っています。心も体も元気になれる「なまらうまい!」を味わってみてください。

日本の食の台所!農業王国、十勝めむろ

年間を通して様々な作物が実り、四季折々で表情が変わるダイナミックな景色は、めむろならではの魅力です。栽培されているのは馬鈴薯や小麦、ビート、大豆・小豆などの豆類はもちろんのこと、生産量日本一を誇るスイートコーンや太くて柔らかいめむろゴボウ、枝豆、さやいんげん、雪解け間もない5月に収穫されるグリーンアスパラなど・・・数え上げればきりがないほどの野菜達。若くて元気な農業者が多いのも特長で、農業がとっても盛んな町。めむろの畑は、まさに日本の台所なのです!

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP