ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 中川町の魅力の新・再発見を通して次世代に受け継ぐ活動を
【NPO法人 エコール咲く/中川町】

中川町の魅力の新・再発見を通して次世代に受け継ぐ活動を
【NPO法人 エコール咲く/中川町】

掲載年月:2017年3月

NPO法人 エコール咲く

  • 住所:中川郡中川町字安川28-9 中川町エコミュージアムセンター内
  • 代表者名:理事長 長屋 一昭
  • 電話:01656-8-5133
  • URL:http://www.ecolesaku.com

企業・団体のビジョンやミッション

中川町への愛情と地域の素晴らしさを次世代に伝えることを目的として、平成14年に中川町エコミュージアムセンターを中心として活動をはじめた「地域協力隊エコール咲く」を母体として、平成25年3月13日に当NPO法人は設立されました。

化石のマチ中川の観光教育施設であるエコミュージアムセンターを活動の拠点として、施設の管理および環境整備や清掃、施設宿泊者への食事提供、そして地域特産品の開発などの活動をしています。特に地域特産品に関しては名産品のアロニアや山菜を活かした商品を開発し、お祭りなどで販売。中川町の魅力を町内外へ広めています。

 全国の過疎地域は限界集落に陥り、活力が弱まっているのが現状ですが、中川町に住む私たちはまだまだエネルギーにあふれています。私たちのこれまで積み重ねてきた技や知恵を大集結させ、町内外に中川町の魅力を発信することが私たちの最大の使命です。

代表者からのメッセージ

中川の魅力ある地域資源を最大限活かすこと、楽しさ嬉しさを住民の皆さんと共有することを意識して仕事をしています。活動を通じて「中川のいいもの」を一人でも多くの方に「お裾分け」する、というのが私と団体のモットーです。

企業・団体の魅力

これまで中川町に住んでこられた方も、これから住まれる方も垣根なく、皆さん活躍できる団体です。これまでの経験や知識は人それぞれ。たくさん合わさった方が、元気なアイディアが出てきます。施設周辺の環境整備も、特産品の開発も、固定観念にとらわれず、新しいやり方、挑戦を楽しんでいます。

スタッフからもひと言

私、スタッフの早坂は一昨年、結婚を機に旭川市より中川町へ引っ越しをしてきました。空気、食べ物なんでも美味しい、星空、アンモナイトなんでも大きいなど、中川の自然に魅了されました。
今度は、私が中川に来られた方、または中川の魅力にまだ気づいていない方に、素晴らしさを伝える番だと思って活動させて頂いています。「中川のいいもの」をご一緒に、見つけて発信しませんか?

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP