ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「ブナ北限の里」黒松内から、おもてなしと発信を
【株式会社 ブナの里振興公社/黒松内町】

「ブナ北限の里」黒松内から、おもてなしと発信を
【株式会社 ブナの里振興公社/黒松内町】

掲載年月:2017年4月

株式会社 ブナの里振興公社

企業・団体のビジョンやミッション

観光や交流の枠にとらわれない

後志西部の小さな町・黒松内には、町民の意思で守ってきた天然記念物「歌才ブナ林」をはじめとする豊かな自然が残っています。しかし札幌と函館の中間、という地理的条件は、アクセスがよいというメリットがある一方で、「通過点」としてのアピールの弱さも否めません。
われわれの日々の業務は、国道5号沿いの『道の駅くろまつない』を入り口として黒松内を知っていただき、宿泊施設『歌才自然の家』や『黒松内温泉ぶなの森』でくつろいだ時間を過ごしていただくこと。そうやって年々少しずつではありますが、黒松内ファンを増やしてきました。
まずは黒松内を知ってもらうこと、次に来てもらうこと、できれば好きになってもらうこと、最終的には移住してもらうこと。その段階のすべてに積極的に関わっていくことがわれわれのミッションだと考えています。

代表者からのメッセージ

道の駅、宿泊施設、温泉施設を運営するという仕事は、お客様の満足の上に成り立っています。苦労もありますが、やりがいも大きい仕事です。仕事を通じて、スタッフ本人が黒松内を好きになることで、「自分がやりたいこと」を日々の業務に活かせるようになってもらえたらと考えています。

企業・団体の魅力

道内の道の駅ランキングで多くの投票を頂いた道の駅くろまつないのパンやピザは、新しい「町のイメージ」を作り出すほどのご好評を頂いています。ブナ里構想(ブナによる町おこし)は着想から30年近くが経過した今でも町の基盤となっており、歌才自然の家では年間8回の「四季のブナ林ツアー」を開催しています。

スタッフからもひと言

統括マネージャー 菅野 真司

スタッフの多くは黒松内生まれ・黒松内育ちの地元人ですが、町外出身者や本州からの移住者(私も神奈川県から引っ越してきました)も社員として在籍しています。自らが黒松内を深く知り、日々お客様と接することで「発信」を行っていけば、自分だけの方法でやりがいを大きくできる仕事ではないかと思っています。ぜひ一度、黒松内に来てみてください。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP