ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 若い夫婦が小規模農業で子育てできる町になることが私たちの夢です
【NPO法人 おしゃまんべ夢倶楽部/長万部町】

若い夫婦が小規模農業で子育てできる町になることが私たちの夢です
【NPO法人 おしゃまんべ夢倶楽部/長万部町】

掲載年月:2017年4月

NPO法人 おしゃまんべ夢倶楽部

企業・団体のビジョンやミッション

ようこそ無農薬の町・長万部へ!・・と迎えられるようになることが目指すところです。
若者が子育てできる「食い扶持」「持続可能な産業基盤」が地方にあれば過疎も少子化も解決できると考えています。その「食い扶持」は無農薬栽培による小規模循環型の農業であり、長万部町が「無農薬の町・長万部」としてのブランドになることがビジョンです。

その為のベース作りを長万部町、定年退職者、町民有志らの力を借りて20年計画で実践中です(2017年現在、着手して13年目)。
若者が参入しやすい小規模循環型農業のベース作り、住環境、応援団などを組織(2017年現在約400人)。ボチボチと無農薬栽培に取り組んでいます。

代表者からのメッセージ

地方創生のモデルとなるべく、鋭意実践中です。
ご高齢の退職者の方も多かったため、数名の仲間を失いましたが、孫たちのために綺麗な大地・水・空気を残すために私たちができることをボチボチと諦めずに続けようと思います。
国の現状を憂い、農的暮らしを求める貴方との出会いを楽しみにしております。

企業・団体の魅力

上記の取り組み(無農薬栽培・応援団)を実践している「志を共にする」集団が「ボチボチ村」です。私たちは春の山菜採り、釣りや温泉巡り、カラオケに飲み会、秋のキノコ採り・・よく遊び、よく集います。
移住者の中には「今が一番幸せ」と云う方もおります。ボチボチ村人は遊び上手です。

スタッフからもひと言

応援団の元漁師・室谷さんは網針作りや浮玉くくりなどの名人で、それらの手作り体験教室を開いたり、時にはマグロの解体ショーを開催したり、又、お寺や民宿でのライブなども頻繁に開催してます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP