ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 海辺でくつろぐ空間の提供と地域の情報を発信する「うみカフェ」
【さかずきテラス/泊村】

海辺でくつろぐ空間の提供と地域の情報を発信する「うみカフェ」
【さかずきテラス/泊村】

掲載年月:2017年11月

さかずきテラス

企業・団体のビジョンやミッション

ゆったりとした時間が流れるカフェ

さかずきテラスは、積丹半島の西側に広がる岩宇(がんう)エリアを中心に様々なアクティビティーを提供する体験型のうみカフェとして、2016年7月泊村の盃海水浴場にオープンしました。
海を眺めながら地元の味を楽しみつつ、ゆったり過ごしていただくことができます。

マリンスポーツやインドア体験も充実

シーカヤックやスノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツに加えて、夏季には地元漁師から仕入れた活ウニを自分で捌いて食べるうにむき体験など、地域の魅力を満喫できるメニューを取り揃えています。

カフェメニューへのこだわり

グルメ情報誌にも紹介されたことのある本格的なシーフードカレーがオススメです。あめ色になるまで炒めた玉ねぎにエビと鶏ガラのスープを加えてじっくり煮込んだルーは、甘味の後からキレのいい辛味を感じる2段階の味の変化が特徴です。
札幌方面からもリピーターが訪れるほどの人気メニューとなっています。

代表者からのメッセージ

さかずきテラスは株式会社沿海調査エンジニアリングが運営しています。当社は、30年以上前から岩宇エリアで海洋調査業務に関わってきました。もともと観光分野にも興味がありましたので、地域振興の視点から日本の沿岸部が抱える課題を岩宇エリアにも同様に感じていました。そこで地元の方々を含めた交流の場としてカフェをつくりました。現在では、地元の泊村だけでなく、岩内町、共和町、神恵内村の岩宇エリアの生産者と協力しながら体験メニューやサービスを開発したり、観光PRに取り組んでいます。

企業・団体の魅力

さかずきテラスは昭和初期の鰊漁に関わる建物をカフェにリノベーションしています。壁や天井を取り除いて、太い梁や今では珍しい柾葺き屋根など歴史・文化が肌で感じられる 空間づくりを大切にしています。また、本業の海洋調査で得たアカデミックなデータを 活用して地元の子どもたち向けの海洋学習を実施することもあります。その他には、継続可能な環境づくりを目指してSDG’sに賛同し、地域の付加価値を高める活動に取り組んでいます。

さかずきテラス
営業時間:11時~15時のランチタイムのみ
定休日:火・水曜日  駐車場:10台
ウェブサイト:http://www.cre-poseidon.co.jp/ 

地域での活動

Gan-wu Café(岩宇カフェ)というワークショップを不定期に開催しています。地元住民だけでなく、都市圏の方や時には講師を招聘して様々な視点から話し合います。地域の食材を試食しながら、参加者間の交流を深めてアイディアを出していくので、そこから生まれた企画やツアーなどは具体的で実際に商品化できるものばかりです。開催時はほぼ満席の状況で、まちづくりや地域振興に関する地域の感度の高まりを感じます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP