ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 羊蹄山・尻別川など自然豊かなロケーションのなか我が家のように生き生きと暮らすことができる介護老人福祉施設
【介護老人福祉施設 きもべつ喜らめきの郷/喜茂別町】

羊蹄山・尻別川など自然豊かなロケーションのなか我が家のように生き生きと暮らすことができる介護老人福祉施設
【介護老人福祉施設 きもべつ喜らめきの郷/喜茂別町】

掲載年月:2018年3月

介護老人福祉施設 きもべつ喜らめきの郷

  • 住所:虻田郡喜茂別町字伏見272-1
  • 代表者名:施設長 佐藤 秀幸
  • 電話:0136-33-2711

企業・団体のビジョンやミッション

笑顔と活気あふれる心地よい施設を目指しています

1.想像・創造(そうぞう)
私たちは、自らが受けたいと思う福祉を想像し、創造します。

2.進化・深化(しんか)
私たちは、最良のサービスを提供するために常に進化し、専門職として深化し続けます。

3.連携・連渓(れんけい)
私たちは、この地域との連携と渓仁会グループの連渓を強化し、地域福祉の発展に貢献します。

この3つの基本理念のもと、入居者のみなさんにもスタッフにも笑顔と活気あふれる心地よい施設となるよう活動しています。

我が家のような空間でゆったりと過ごすことができるユニットケア

きもべつ喜らめきの郷は完全個室のユニットケアを導入しています。プライバシーが尊重され、入居者一人ひとりの個性に合わせた生活が実現できるよう、私たちスタッフが心を込めて食事や入浴など日常生活のサポートをしています。

代表者からのメッセージ

当施設の居室には、最低限の家具しか用意していません。これは、今まで使用してきた思い入れのある家具を持ってきていただき、入居者様、ご家族様がご自分たちの部屋を作りこんでいただくことで、これまでの生活と変わらない居心地の良い居室になるとの考えからです。
平成25年に「きもべつ喜らめきの郷」が開設されましたが、入居者のみなさんが笑顔で楽しく日々を過ごせる施設になることを心掛けています。5年後、10年後、20年後、地域のみなさんに「この施設があってよかったね」と言われるようにスタッフ一人ひとりが日々努力し、頑張っています。

企業・団体の魅力

地域の神社の例大祭で行われる神輿渡御では、喜らめきの郷にも大きな「わっしょい」の掛け声とともにお神輿がやってきますが、勇壮な神輿とともに現れる担ぎ手の中にはスタッフの姿もあり、入居者のみなさんも盛り上がります。
また、地域のサークルのみなさんや保育所の園児たちも来所し交流します。

このように入居者のみなさんもスタッフも、地域の行事への参加や来所する町民と接することで地域との交流を深め、地域の一員として生活しています。

スタッフからもひと言

私は、町外から就職しましたが住居や引っ越しなどに関する体制が整備されているので不安はありませんでした。仕事の面では、未経験者なので最初は覚えることが多く大変でしたが、研修や先輩方のアドバイスに日々助けられました。
この施設は、入居者のみなさんにとってアットホームな場所ですが、私たちスタッフにとってもアットホームな場所です。将来的には、介護福祉士の資格を取り、この施設で働き続けたいです!

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP