ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 自ら漁獲した海産物を美味しく食べてもらいたい。
根ほっけをはじめ上ノ国の海産加工品を全国にとどける
【マルサン市山水産/ 上ノ国町】

自ら漁獲した海産物を美味しく食べてもらいたい。
根ほっけをはじめ上ノ国の海産加工品を全国にとどける
【マルサン市山水産/ 上ノ国町】

掲載年月:2018年3月

株式会社 マルサン市山水産

  • 住所:檜山郡上ノ国町字汐吹363
  • 代表者名:代表取締役 市山 亮悦
  • 電話:0139-58-5023

企業・団体のビジョンやミッション

日本海の恵まれた漁場である上ノ国。マルサン市山水産の自信作「根ほっけ」

マルサン市山水産の市山さんは、元々は漁一筋の漁師でした。自分たちやご近所さんが食べる分を干したり食べてもらったりしているうちに、自然に周りから求められる形で加工にも取り組むようになりました。

上ノ国の「根ほっけ」は、水深150から300メートル付近の荒潮の岩場で育まれた海の幸です。その根ほっけは、脂ののりから味まで他のほっけとは比べ物にならないほどです。この海の恵みを上質な状態で提供しています。

美味しいホッケを美味しく提供するために

マルサン市山水産の「根ほっけ」は水揚げした直後にすぐに捌き、真空パックし冷凍するので鮮度がそのまま。脂ののりも格段に違うため「一度食べると忘れられない」というファンが全国にいます。

このほっけは素材が良いことはもちろん、その美味しさの秘訣は加工段階でのこだわりにあります。加工の際には、手間はかかりますがほっけの鱗を奇麗に取り除いています。それはほっけの皮の部分こそ一番の旨味があり、その部分を美味しく食べてもらいたいと思っているからです。皮を食べたときに鱗がのどに引っかかってしまっては台無しになります。「上ノ国の良いものを一番良い状態で食べてもらうためであれば、どんなに手間をかけてでもやりたい」という市山さんの思いが詰まっています。

代表者からのメッセージ

上ノ国の美味しい魚介類を加工するにあたり、まずは自分が食べて納得できるかが大事です。自分が食べたときに気になるところは必ずお客様も気になるはず。そうした手間をかけ丁寧な加工をすることで、宣伝は一切していないですが口コミで全国にファンが増えてきました。
原点は上ノ国の美味しいものを美味しく食べてもらいたい思いからです。

企業・団体の魅力
  • ホッケの開きを主製品としていますが、ホッケの糠漬けやイカの開きなど上ノ国で穫れた自然の恵みを加工しています。
  • 商品は一部、道の駅もんじゅでも販売しています。

取材担当からもひと言

のどに鱗が引っかからないようきれいに取り除くという手間以外にも、他のホッケよりも小さく見えてでも頭と尻尾は食べないところだからと冷凍前にすべて切り落として販売しています。実際に食べるお客様の事を一番に考えている事が取材をさせて頂き伝わりました。自分が作ったホッケの開きの味を忘れられないと言われた時はとても嬉しかったと語ってくれました。日本海の海の恵みは素材そのものが美味しいのかもしれませんが、北海道各地や道外の人々が上ノ国の美味しい魚を美味しく食べることができるのは、市山さんのように食べてもらう人の事を思い丁寧な仕事をしているからこそなのだと強く感じました。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP