ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 2018年4月に加工場施設が完成します【株式会社 アグリテック真狩/真狩村】

2018年4月に加工場施設が完成します【株式会社 アグリテック真狩/真狩村】

掲載年月:2018年3月

株式会社 アグリテック真狩

  • 住所:虻田郡真狩村字加野266番地5
  • 代表者名:代表取締役社長 川西 正広

企業・団体のビジョンやミッション

会社理念

従業員とその家族 協力先、関連会社の従業員 お客さま 会社に関わる全ての人々に、喜びも悲しみも分かち合うことが出来る経営

適正利益を上げ、働きやすい職場環境を作り、従業員が自信と誇りを持って仕事をし地域社会に貢献する経営

事業ビジョン

・私たちは社会に対しての役割を果たします―恵まれた自然環境と天然資源を持つ北海道で各地域に眠る未利用の資源活用と農水省の規格外品を商品化し、ものづくりから流通までの6次産業化に貢献すること。

・私たちは会社の中で自己実現します―会社は個人として成長する場とし、目的を共有し楽しく生きがいを求める場所である。

事業内容

・じゃがいもを始めとする農産品の生産

・自社農産品及び協力農業者の選別選果及び販売

・農産惣菜品の製造及び販売

代表者からのメッセージ

私たちの住んでいる北海道は、恵まれた自然環境と豊かな天然資源を持つ素晴らしい土地です。そこには未利用の資源、農水産物がまだまだ眠っています。特に規格にあわないという理由で、商品として流通できない農水産物がたくさんあります。そういった資源を受け継ぎ、安心しておいしく食べていただける商品をつくる。それが私たちの仕事です。

自分たちだけの利益を求めるのではなく、生産者の方々と一緒に北海道を盛り上げていきたい。そういう思いがあります。

企業・団体の魅力

◯地元での加工処理
鮮度保持・加工は保管の状態からスタートします。鮮度の劣化は皮をむいた状態から始まるため、消費地への輸送等のリードタイムを短縮し、酸化ダメージを最小限に止める必要があります。そのため、より産地に近い場所での加工処理を実現するために立ち上がりました。

◯加熱水蒸気加工
加工工程において、加熱水蒸気加工を通すことで旨みや栄養を逃さず、色合いがいっそう鮮やかになるなど付加価値をつけることができ、ゴミ問題やフードマイレージにも貢献しています。

主な販売商品

・チルドじゃが芋 ・とうきび ・じゃがバター ・フライドポテト ・じゃがいもペースト ・南瓜ペースト ・コーンペースト ・アスパラペースト

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP