ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地元熊石町への思いから始まった海洋深層水による塩づくり
【熊石深層水 株式会社/八雲町】

地元熊石町への思いから始まった海洋深層水による塩づくり
【熊石深層水 株式会社/八雲町】

掲載年月:2018年9月

熊石深層水 株式会社

  • 住所:二海郡八雲町熊石平町114-1
  • 代表者名:代表取締役 刀禰 清貴
  • 電話:01398-2-3131

企業・団体のビジョンやミッション

地域一体となって作り上げた熊石深層水の塩

熊石深層水の塩づくりは、前身の海洋深層水利用促進研究会による取組が始まりです。熊石町として次の世代に残していかなければならない産業をと、深層水の利用、さらにはそれを活用した塩づくりを検討していました。仲間や熊石町の支援もあり熊石深層水株式会社が設立され、2年以上の試行錯誤の結果、熊石深層水の塩は誕生しました。

ミネラル豊富な深層水

水深343mの海洋深層水からつくられた塩には、マグネシウム、ナトリウムなどのミネラル成分が多く、表層水に比べて10倍も含まれています。また深層水は水温が1年を通して1℃程度で不純物がほとんど含まれていないのが特徴です。

近年深層水の利用は増え、ミネラル成分を利用した農業や他の産業などでも熊石深層水は活用されています。今後さらなる深層水の利用が期待されています。

代表者からのメッセージ

海洋深層水利用促進研究会として塩づくりをはじめた当初は、思った通りの味が出せず苦労しました。最近は少しずつ周りからに評価を頂けるようになり、食品メーカーや飲食店などで、熊石深層水の塩が使用されるようになりました。今後さらなる活用を促進すべく、深層水から塩分を除いた深層水の産業への利用を促進していきたいです。

企業・団体の魅力
  • 旧熊石町(現八雲町)が町を挙げて次世代に残さなければならない産業として、海洋深層水を利用した塩づくりが始まりました。
  • 昔ながらの塩づくりの製法にこだわっています。
  • 大量生産はできませんが丹精込めて手づくりしています。

丁寧な作業による塩づくり

深層水の味を最大限に生かす為に沸騰しないギリギリの温度を保ちながらゆっくり蒸発させ、ひとつひとつ手作業でかき混ぜながら煮詰める作業はとても手間がかかります。大きな釜をじっと見て、温度、湿度を肌で感じながら温度を調整したり、かき混ぜたりする姿はまさに職人技です。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP