ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地方発送は一ヶ月待ちの富良野にある小さなプリン工房
【エゾアムプリン製造所/富良野市】

地方発送は一ヶ月待ちの富良野にある小さなプリン工房
【エゾアムプリン製造所/富良野市】

掲載年月:2018年10月

エゾアムプリン製造所

企業・団体のビジョンやミッション

その土地の素材でつくる良さがある

東京から移住し、夫婦二人で全てを手作業でプリンを作っています。
東京に住んでいた頃はワゴン車で移動販売していました。東京で評判だったプリンでしたが、富良野に移住してからは地元の素材を使用し、これまでとは違ったプリンを一から作り始めました。
ネーミングは、北海道=エゾに、妻のニックネームのアムを組み合わせて「エゾアムプリン」としました。

素焼きの陶器を使った大きなプリン

「エゾアムプリン」は、直径20cm、高さ約6cmの素焼きの陶器を使った大きなプリンです。重さは約1kgほど。8人分の量になります。その特徴は大きさだけではなく、プリンは無添加・無着色ですべて手作り。近所から仕入れた成分無調整の生乳や、純国産鶏の卵などの素材は富良野を中心に北海道のものにこだわっています。

代表者からのメッセージ

自然の中で暮らすことに憧れて、東京から富良野に移住しました。富良野で作るプリンは、こういう味にしようと私たちが決めたのではなく、素材が良いので素材の良さをそのまま生かした味になっています。生乳の味わいが季節によっても少しずつ違うように、そのままの天然の味を楽しんでいただきたいという思いで一つひとつプリンを作っています。

企業・団体の魅力

「エゾアムプリン」は、夫婦二人で全てを手作業で作っているため、一度に焼き上げることができるのは6個になります。そのため1日で製造できる数は24個です。
商品の購入は電話でのお取り寄せを優先していることもあり、地方発送の場合は一ヶ月待ちになります。全国各地から注文があり、多くのファンに愛されています。

エゾアムプリン製造所の取材から

エゾアムプリンの工房は富良野平沢(たいらざわ)地区の丘の上にあります。まるで絵本の世界のような自然の中にあるとても小さなプリン工房です。そこには加藤さんご夫婦が作業を分担して手際よくプリンを製造する姿がありました。人気があっても量産せずに、二人で一日に作ることができる量を守り、品質をしっかり保ちながら、エゾアムプリンを待っている方に一つ一つ丁寧に届ける。そんな姿勢に支持される理由があり、プリンに作り手の思いや深い味わいが詰まっているように思いました。(ローカルワークコーディネーター 渡邊 孝明)

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP